㈱ゆらちょうがゆらの助のスタンプ制作

 由良町神谷の㈱ゆらちょう(井上慶祥代表取締役)は、町の観光PRキャラクター「ゆらの助」を使った無料通信アプリ「LINE(ライン)」の「スタンプ」を制作し、販売を始めた。民間企業が自治体等の公式キャラでラインスタンプを手がけるのは珍しく、町でもキャラクターを通した地域への関心度アップへ、若い世代を中心としたネット上でのPR効果に期待を寄せている。
 同社はイベントの企画・運営や特産品販売など由良に関わる事業を行っており、若者世代に親しまれているラインでゆらの助のスタンプを作ることで、キャラや町の知名度を上げ、ブランド力を高めようと、ことし4月、町に使用の許可を申請。職員と検討を重ね、返事、あいさつ、方言、ご当地といった40種類(1セット)を制作した。デザインは井上代表(24)の友人で、大阪に住むデザイナーの松本真紀さんが協力。1セット120円。
 ラインのスタンプは相手へのメッセージに使う画像。全国的には自治体等が自ら公式キャラでラインスタンプを制作している例はあるが、民間企業が使用許可を取り、販売するケースは珍しい。今月17日からアプリ内のショップに並び、18日との2日間で約50セットを販売。800回以上が使われ、好評という。
 井上代表は「町民の皆さんや町外に出られた方にも使ってほしい。由良町のためのスタンプ。『うちのまちにはスタンプがあるんや』と誇りに思ってもらいたい」と話し、町の担当職員も「ゆらの助とあわせ、まちを発信することで、知名度アップにつながれば」と期待している。スタンプはラインショップで「ゆらの助」と検索すれば見つかる。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る