㈱ゆらちょうがゆらの助のスタンプ制作

 由良町神谷の㈱ゆらちょう(井上慶祥代表取締役)は、町の観光PRキャラクター「ゆらの助」を使った無料通信アプリ「LINE(ライン)」の「スタンプ」を制作し、販売を始めた。民間企業が自治体等の公式キャラでラインスタンプを手がけるのは珍しく、町でもキャラクターを通した地域への関心度アップへ、若い世代を中心としたネット上でのPR効果に期待を寄せている。
 同社はイベントの企画・運営や特産品販売など由良に関わる事業を行っており、若者世代に親しまれているラインでゆらの助のスタンプを作ることで、キャラや町の知名度を上げ、ブランド力を高めようと、ことし4月、町に使用の許可を申請。職員と検討を重ね、返事、あいさつ、方言、ご当地といった40種類(1セット)を制作した。デザインは井上代表(24)の友人で、大阪に住むデザイナーの松本真紀さんが協力。1セット120円。
 ラインのスタンプは相手へのメッセージに使う画像。全国的には自治体等が自ら公式キャラでラインスタンプを制作している例はあるが、民間企業が使用許可を取り、販売するケースは珍しい。今月17日からアプリ内のショップに並び、18日との2日間で約50セットを販売。800回以上が使われ、好評という。
 井上代表は「町民の皆さんや町外に出られた方にも使ってほしい。由良町のためのスタンプ。『うちのまちにはスタンプがあるんや』と誇りに思ってもらいたい」と話し、町の担当職員も「ゆらの助とあわせ、まちを発信することで、知名度アップにつながれば」と期待している。スタンプはラインショップで「ゆらの助」と検索すれば見つかる。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る