オリンピックの果たす役割

 4年に1度のスポーツの祭典も残り2日。本番前はいまいち盛り上がりに欠けるかと心配していたが、ふたを開けてみれば日本勢の活躍ぶりに大いに沸き、「オリンピックに夢中で寝不足」という人も多いだろう。数々のドラマ、さまざまな涙、心揺さぶる感動がたくさんあり、リアルタイムでなくともダイジェストでもらい泣きしてしまうシーンもたくさんある。勝者がいれば敗者もいるのが勝負の世界だが、試合後は健闘をたたえ合うのがスポーツのよさ。目標に向かって最大限の努力を重ねてきたことを互いに分かっているからであろう。選手の純粋な気持ちは映像にも映る。
 リオ五輪で印象に残る場面は思い浮かぶだけでもたくさんあるが、個人的に一番は卓球女子団体で銅メダルを獲得したときの福原愛選手の涙である。筆者が軽々に想像できるほど軽いものではないだろうが、メダル獲得の喜び、主将を務め切った安堵感、さまざまな思いが混じった涙だと感じた。個人戦の勝ち負けではここまで感情があふれなかったのではないだろうか。団体戦だからこそ、自分一人ではないからこそ感じられる苦しみであり、喜びなのだろう。少しうらやましくも感じたし、愛ちゃんの純粋さも伝わってきた。
 水泳、体操、レスリングなどなど、快進撃を見せたメダリストたちの多くに共通するのは、憧れの選手の存在であろう。あんな選手になりたい、あんなプレーや技が出来るようになりたい、この純粋な気持ちこそがスポーツ選手に最も大事なことなのかなと思う。子どもには無限の可能性がある。いまテレビを見ている子どもたちも誰かに憧れ、4年後の東京、その次へとつながっていくきっかけになるのもオリンピックの意義だろう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る