美浜で今月からひきこもり回復支援の集い

 若者のひきこもり回復支援の研究で知られる和歌山大名誉教授の精神科医宮西照夫氏(67)は、美浜町で活動拠点づくりを進めており、今月から毎月1回、自助グループの集い「アミーゴの会」をスタートさせる。ひきこもりから立ち上がろうとする人が支援者の専門家とともに語り合う集団心理療法で、同時にメンタルサポーター(ひきこもり経験のある支援者)も養成。第1回は27日午後3時から開く。
 若者の社会的ひきこもりは1990年代から社会問題となり、その数は現在、全国で約70万人、うち半数は回復手段がないまま10年以上の長期ひきこもりになっているといわれている。宮西氏は昭和57年、和歌山大保健管理センターの精神科医となり、長年の取り組みで蓄積したデータを基に平成14年、集団療法を軸としたひきこもり回復支援プログラムを完成させた。その後は岩出市にある紀の川病院の副院長としてひきこもり研究センターを開設し、専門外来での診療、ショートデイケアや地域とかかわりながらのアウトリーチ型支援で若者の回復をサポートしている。
 昨年10月には、美浜町和田の自宅近くにひきこもり研究所と社会復帰を目指す若者が共同生活を送るシェアハウスを開設。現在、研究所では毎週木曜午後3時から6時までひきこもりの相談(有料)を受けており、さらに今月からは毎月第4土曜の午後3時から6時まで、自助グループ「アミーゴの会in美浜」を開設する。
 アミーゴとはスペイン語で「気の許せる仲間」という意味。毎月1回の集いはひきこもり状態から抜け出し、社会に踏み出そうとする若者の支援を目的に、同じ境遇にある若者たちと医師、臨床心理士、ジョブコーチ(職場適応援助者)、PSW(精神保健福祉士)ら専門家が集まり、回復に重要な「仲間づくり」の場とする。
 自助グループにはこれら専門家のほか、自身もひきこもり経験のあるメンタルサポーターが必要。現在は日高地方に2人しかおらず、当面、アミーゴの会はこのサポーターの養成の場ともなる。
 宮西氏は「ひきこもりの若者が最も必要としているのは親でも学校の先生でもなく、自身もひきこもった経験があり、気持ちを理解し、つらさを共有してくれる仲間です。そのサポーターとのつながりから、失っていた自信を取り戻し、社会へ踏み出す勇気と力が芽生えます。アミーゴの会は病院ではなく、たまり場のようなもの。不登校やひきこもりで悩んでおられる本人、家族は気軽にご参加ください」と話している。
 アミーゴの会in美浜への参加は無料。問い合わせは宮西氏℡0738-22-6510

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る