日高川に県補助活用の移住者カフェ

 日高川町佐井にこのほど、京都市の西村誠さん(58)が木工や菓子作り体験ができるカフェ、「SAI terrace(サイテラス)」をオープン。県が県外から移住推進市町村へ移住して起業を目指す人を対象に行っている「移住者起業補助金」を活用したカフェ。さまざまな体験で都市から人を呼ぶとともに、地域に親しまれるショップを目指す。
 西村さんは京都でオーダー家具職人をしており、数年前にIターンを考えている際、大阪で開かれていたイベントで日高川町を知り、6年前に古民家を買い取った。その後、週末などに訪れ、自身の木工技術を生かして少しずつリフォームしてきた。県の補助金は起業に必要な経費として100万円以内を補助するもので、西村さんは厨房の建設にかかる費用として申請。昨年夏に認可が下りた。以降、補助金は資機材費用に充て、建設は家族の協力を得ながら自分たちで行った。
 月に数日、工事を進め、このほど約5畳の厨房が完成し、オープンに至った。店には西村さんの木工品のほか、京都で洋菓子教室を開いている妻眞喜子さん(57)のお菓子も並び、客がそれぞれ体験できるワークショップもある。カフェスペースではオーガニックコーヒーや紅茶、奄美大島の郷土料理「鶏飯」などを提供。今後は釜を作って、ピザや焼きたてパンも用意していくという。現在開催中の御博にも参加し、木工教室を行っている。
 日高川町について「御坊に行けばなんでもそろい、高速もあって、周辺道路もきれいに整備されている。その上で自然を満喫できる、とても便利な田舎というイメージ」といい、店については「いまがスタートライン。これからかまどを作ったり畑で野菜を育てたり、ここでしかできないことを発信していきたい」と話している。
 京都の店も経営は続けているため、しばらくは週末のみ営業。8月は金、土、日曜の午前11時から午後5時まで。問い合わせはサイテラス℡090―9706―1558かフェイスブックのページをチェック。

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る