あすなろ倶楽部に期待

 今月20日、日高川町高津尾の日高川交流センターで、同町のダンスグループ「あすなろ倶楽部・絆の星」による大阪狭山市の表現倶楽部「うどぃ」との交流舞台「絆の星~鼓動響く清流の地より~」が行われる。
 同倶楽部は歌、劇、ダンスと多彩なパフォーマンスで表現する子どもたちのグループ。現在メンバーは小学4年生から高校3年生までの13人が在籍。うどぃはあすなろ倶楽部の結成のきっかけとなった団体。両グループのメンバーのほか、一般参加者、中津中生、美山太鼓など総勢90人が出演し、迫力のステージを繰り広げる。
 物語の主人公は、日高川町を去ろうと思っている「のぞみ」と都会から引っ越してきたばかりの「かな」の2人。それぞれ悩みを抱えた2人が、幻想の世界に導かれ、丹生都姫伝説や安珍清姫伝説など日高川に関するさまざまな物語に遭遇し、心境の変化が表れていく。
 子どもの特集ページを担当している筆者は、数年前から彼女らを取材しているが、練習への熱心さにはいつも感心させられる。20日の公演に向けた練習の様子も取材したが、体育館の中で数人ずつ分かれて芝居を練習し、同じシーンを何度も演じ、納得がいくまで繰り返していた様子が印象的。大きな動作で動き、よく通る声でセリフを読み上げており、本格的な演劇の稽古のよう。こういった経験で身に付いた発声や、大きな舞台に立つ度胸、役を演じる表現力は将来、どの分野に進んでも大いに役立ち、優れた人材育成にも一役買っている。まだまだ出来て年数は浅いが、これから日高川町に定着したグループになってもらいたい。20日の公演については日高川交流センター℡0738-54-0326。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る