あすなろ倶楽部に期待

 今月20日、日高川町高津尾の日高川交流センターで、同町のダンスグループ「あすなろ倶楽部・絆の星」による大阪狭山市の表現倶楽部「うどぃ」との交流舞台「絆の星~鼓動響く清流の地より~」が行われる。
 同倶楽部は歌、劇、ダンスと多彩なパフォーマンスで表現する子どもたちのグループ。現在メンバーは小学4年生から高校3年生までの13人が在籍。うどぃはあすなろ倶楽部の結成のきっかけとなった団体。両グループのメンバーのほか、一般参加者、中津中生、美山太鼓など総勢90人が出演し、迫力のステージを繰り広げる。
 物語の主人公は、日高川町を去ろうと思っている「のぞみ」と都会から引っ越してきたばかりの「かな」の2人。それぞれ悩みを抱えた2人が、幻想の世界に導かれ、丹生都姫伝説や安珍清姫伝説など日高川に関するさまざまな物語に遭遇し、心境の変化が表れていく。
 子どもの特集ページを担当している筆者は、数年前から彼女らを取材しているが、練習への熱心さにはいつも感心させられる。20日の公演に向けた練習の様子も取材したが、体育館の中で数人ずつ分かれて芝居を練習し、同じシーンを何度も演じ、納得がいくまで繰り返していた様子が印象的。大きな動作で動き、よく通る声でセリフを読み上げており、本格的な演劇の稽古のよう。こういった経験で身に付いた発声や、大きな舞台に立つ度胸、役を演じる表現力は将来、どの分野に進んでも大いに役立ち、優れた人材育成にも一役買っている。まだまだ出来て年数は浅いが、これから日高川町に定着したグループになってもらいたい。20日の公演については日高川交流センター℡0738-54-0326。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 卒業式を前に感謝を込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る