水の事故に気をつけて

 「お盆に泳ぎに行くと、(水の中へ)引きずり込まれる」。子どものころ、祖母に言われた記憶がある。今になって、両親に聞いても同じことを言う。お盆はあの世から帰ってきた先祖の霊を供養する時期なので、いわゆるレジャー場所で遊ぶのは不適切ということだろうか。迷信的なものとは別に、何より休みで人が多く、事故も増加。危険なところに近寄らず、伝統行事を守る教訓的な意味合いもあるのだろう。
 昨年8月14日、日高川町の日高川で和歌山市から水遊びに来ていた男女3人が溺れ、女性1人は自力で岸にたどり着いたが、会社員と中学生の男性2人が亡くなるという事故があった。この事故を受け、御坊署、町、公益財団法人県水上安全協会が翌9月、現場近くの若野橋東詰、左岸の河川敷に「なくそう水の事故 流れが速く深みもあるので注意」と表示した大型の看板を設置。水難事故防止を啓発している。ことしの夏も水遊びをする子どもやレジャー客らで河原はいっぱい。近くを通るたび、どこか心配になる。
 さて、ことしも全国各地で水難事故が相次いでいる。12日には由良町の海でも大阪市の男性が亡くなった。ことし御坊署管内での発生は3件、3人目の犠牲者。昨年1年間は9件で8人が亡くなっている。先日、御坊署で聞いた主な注意点は「釣りやマリンレジャーの際はライフジャケットを着用する」「悪天候時や危険な場所での魚釣り、遊泳はしない」「保護者は水辺の子どもから目を離さない」「飲酒して水に入らない」など。地元はもちろん、よそから来るレジャー客にも知ってもらい、これ以上水の事故が起こらないよう願いたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る