日高地方7市町が災害時応援協定締結

 御坊、美浜、日高、由良、印南、みなべ、日高川の7市町が10 日に日高振興局内町村会応接室で「災害時における応急対策活動の相互応援に関する協定書」の締結式を行い、7人の首長がそろい踏みで一致団結していくことを誓った。協定では巨大地震や大雨、土砂災害などの際に物資提供、職員派遣、被災者受け入れなどを行うことを決めており、もしもの場合の迅速な復旧につながると期待されている。
 災害時における応急対策活動の協力はこれまでも行っていたが、協定を締結することでより一層自治体間のつながりを強固にして、相互に応援できる態勢を整えておくのが目的。協定には▽食料、飲料水及び生活必需物資並びにこれらの供給に必要な資機材の提供▽被災者の救出、防疫、施設の応急復旧等に必要な資機材及び物資の提供▽救援及び救助活動に必要な車両等の提供▽救援、救助、公衆衛生、応急対策、復旧等に必要な職員の派遣▽被災者を一時収容するための施設の提供▽被災者の一時受け入れ▽被災者への災害情報の発信▽被災者に対する住宅情報の提供――を盛り込んでいる。近い将来発生が予想されている巨大地震では、御坊市や美浜町が大きな被害を受けることが予想されており、比較的被害が少ないとされる周辺町のスムーズな援助にもつながりそうだ。協定の運用に向けて幹事は郡町村会会長の町としており、現在は美浜町、副幹事が御坊市となっている。
 締結式では、協定内容が説明されたあと、事前に署名、押印した協定書を手に記念撮影を行った。協定の提案者でもある日高郡町村会の森下誠史美浜町長は「災害時に助けるのはお互いさまだが、協定の締結を通して『日高は一つ』の気持ちを一層強くし、各市町が手を携えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る