五輪体操団体金に小宮さんも大喜び

 リオ五輪の体操男子団体で日本が12年ぶりの金メダルに輝き、列島が歓喜に包まれるなか、和歌山県出身の田中佑典選手(26)の大活躍に県内の体操関係者は大喜び。元東京五輪代表候補で、現在は近畿体操協会の副会長を務める小宮清さん(75)=美浜町和田=もテレビの前で声援を送り、「佑典が(金メダルに)最も貢献し、一番光っていた。最高です」と喜びを噛みしめている。
 4年前のロンドン五輪では、田中選手は兄和仁さん(31)、姉理恵さん(29)とともに3きょうだいそろって代表入りを果たし、小宮さんは当時、県と近畿の両体操協会の理事長を務め、大会前の激励会や試合当日のパブリックビューなどに忙しい日々を送った。結果、男子団体は中国に次いで2位に終わり、個人も含め、田中きょうだいは1人もメダルを獲ることができなかった。
 世界選手権個人総合6連覇の絶対王者、内村航平選手(27)を中心に、オールラウンダーの加藤亮平選手(22)、床の白井健三選手(19)、平行棒の田中選手らスペシャリストもそろってベストメンバーで臨んだ今大会。予選は内村選手が鉄棒、田中選手が平行棒、さらに白井選手が世界一といわれる床でまさかの失敗を重ね、日本は4位での決勝進出となった。
 決勝は最も失敗率が高いあん馬から始まり、最後の6種目目は最もスタミナを消費する床という最悪のローテーション。1種目目のあん馬で山室光史選手(27)が落下したが、3人目の加藤選手が盛り返し、平行棒では田中選手が完璧な着地でチームを2位に押し上げた。これで勢いづいた日本は続く鉄棒、最後の床で高得点を連発し、追いすがるロシア、中国を振り切った。
 小宮さんは「予選では信じられないミスを連発してしまい、どうなることかと思いましたが、決勝ではみんな期待以上の素晴らしい演技を見せてくれました。とくに佑典は出場した3種目(平行棒、つり輪、鉄棒)すべてでチームトップの成績でしたし、金メダルに最も貢献し、5人の中で一番光っていたと思います。本当にうれしい。最高です」と笑顔。田中選手のふるさと和歌山での祝勝会は、「来月にも開きたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る