最近の若者たちに大きな拍手

 「『最近の若者はダメだ』と、昔から言われているが、特にいまの若者はひどい。まず、当事者意識が完全に欠如している。さらに、独り立ちをしようとせず、常に何かに依存し、消費し、批判するだけ。これはゆゆしき事態であり、日本社会のありかたにかかわる重大な問題である」。
 こう論じたのは日本の医学者で元慶應義塾大学環境情報学部教授の小此木圭吾さんだが、実は40年前の1977年の話。いつの時代でも「最近の若者は…」と常に批判されているようだ。
では、本当に最近の若者はダメなのだろうか。スポーツ界でみてみると、いまの若者の活躍は目覚ましい。野球は、若者というには少し年季が入っているがメジャーリーグのイチロー選手が日米通算3000安打を達成。日本の球界でも大谷翔平選手が投手と打者の二刀流で世間を沸かせている。フィギアスケートでは羽生結弦選手や浅田真央選手が活躍。サッカーでも海外でプレーする岡崎慎司選手や本田圭佑選手らも好成績を残している。昔よりも世界で活躍する若者が増えているのではないだろうか。日高地方に目を向けてみても、スポーツで有名な高校や大学に入学して頑張ったり、近畿や全国の大きな大会で戦ったりしている子どもたちも多い。どちらかと言えば「いまの若者はダメ」というより、「いまのおやじ連中はダメ」と言われてもしょうがないかもしれない。
 いま、ブラジルのリオデジャネイロでは4年に1度のオリンピックが開催中だ。日本は水泳や体操などで金メダルを獲得するなど幸先のよいスタートを切った。若者たちが日の丸を背負って頑張り、日本中に大きな感動を与えている。その尊い汗と涙に心から拍手を送りたい。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る