御坊で夏休み木づかい祭

 御坊市立体育館で7日、「木の文化」に対する意識を高め、地域活性化に貢献することを目的とした8月恒例のイベント「夏休み木づかい祭」が開かれた。4回目のことしは会場が市議会棟下から変更となり、館内では大阪工業技術専門学校の学生が2階建て木造住宅の棟上げまでの工程を実演。上棟後はもち投げも行われ、親子木工体験やカンナがけ体験も多くの家族連れでにぎわった。
 日高木材協同組合(松本政彦理事長)を中心に日高建設業協同組合、日高地方の5つの森林組合、日高振興局、市町などで構成する木づかいどうしの会(代表・山田誠一丸紀木材工業㈱代表取締役)が主催。屋外では椅子か本立てを作る親子木工体験、丸太切り競争、林業用機械の実演などが行われた。近畿大学バイオコークス研究所の燃料製造装置積載車も登場し、オガクズや松の木の皮など植物由来の廃棄物を原料に、バイオコークス(固形燃料)を製造する流れを公開。出来上がった固形燃料をストーブの燃料として燃やす実験も行われた。
 同研究所講師の冨田義弘博士は「バイオコークスは1個で薪10本ほどのエネルギーがあり、ごみ焼却施設や温泉を沸かす重油に代わる再生可能エネルギーとして注目されています。接着剤を何も使わない製法は近大が特許を取っており、エネルギーの地産地消、循環型社会の実現へ、マグロの次に力を入れて取り組んでいます」とアピールしていた。
 館内では、プロの大工を目指す大阪工業技術専門学校の学生10人(うち女性2人)が住宅の棟上げを実演。間口二間、奥行き二間半の骨組みはすべて学生がノミやカンナを使って加工した木材で、午前9時ごろから3時間ほどで上棟した。
 同校大工技能学科教員の金子和宏さんは「うちは『図面からよみかきできる大工さん』の養成を目指し、きょうの使用木材も墨付けから線引き、加工まですべて学生の手によるものです。こうして一般の方に作業を見てもらえるのは緊張感もあり、何より学生たちのモチベーションアップにつながり、とてもありがたいです」と話していた。
 この日、組み上げた住宅は御坊市に無料で寄贈され、教育委員会が明神川のわんぱく王国への設置、活用を検討している。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る