広島、日本人なら一度は…

 広島県の原爆資料館(平和記念資料館)を初めて訪れたのは、21年前ほど前、たしか二十歳のころだった。戦争や平和を考える目的ではなく、別のイベント目的で観光旅行の行き先として広島を選んだようにうっすら記憶している。それでも立ち寄った資料館で大きな衝撃を受けたことは忘れられない。原爆の威力のすさまじさ、悲惨さがリアルに伝わる写真や展示物を目の当たりにし、胸が締め付けられた。資料館を出たとき、戦争は絶対にしてはダメだ、日本人なら一度は訪れなければならない場所だと思ったことはいまでもはっきり覚えている。
 子どもたちにも見せておきたいと、再び訪れたのは4年前。展示物などが記憶と少し変わっていて、個人的には怖さの伝わり方が少し柔らかくなったように感じたが、それでも子どもには戦争の悲惨さが伝わったのは間違いない。
 71回目の原爆忌を迎えた広島には、ことし5月、現職としては初めてオバマ米大統領が訪問した。世界で唯一原爆を投下した国のトップが、唯一の被爆地を訪れたことは、非核へ向けた歴史的な一歩だったといえるだろう。懸念されるのは、被爆者の高齢化。平均年齢は80・86歳で前年をさらに上回ったという。生き証人の生の声を聴く機会は年々減っている。
 戦争はやってはいけないことは誰でも分かっている。それは過去からいまへと語り継いできたからにほかならない。書物やインターネットでもいい、体験者の声を聴くことは最も心に響く手段であろう。若者に、子どもたちに、体験者の声や書物に触れることの大切さを教えるのも、大人の責任。広島にもぜひ一度は足を運んでほしいと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る