違法レーザー販売 御坊の男検挙

 国の安全基準を超える出力のレーザーポインターをインターネット販売したとして、御坊署等は5日、御坊市内に住む50代の男を消費生活用製品安全法違反の疑いで検挙、在宅送致したと発表した。全国的に相次ぐ高出力レーザー光を使ったとみられる照射事件を受け、大阪や和歌山の7府県警が共同捜査を実施。この日までに合わせて10業者を摘発し、13人を検挙、うち4人を逮捕している。
 調べによると、御坊市の男はことし3月29日ごろ、大阪市内の女性に対し、御坊市内の郵便局から、法定の表示(PSCマーク)がないレーザーポインター1本を発送し、代金3200円で販売した疑い。消費者の生命や身体に危害が及ぶ恐れが高い製品には、消費生活用製品安全法によって特別特定製品(乳幼児ベッド、ジェットバス、ライター、レーザーポインター類の4品目)として、国が定めた技術基準に適合したうえで、その旨が確認できるひし形の「PSCマーク」を付けなければ販売できないと規定され、レーザーポインターは出力が1㍉㍗以上の製品について販売が禁じられている。
 レーザーポインターを巡っては昨年10月、大阪国際(伊丹)空港で着陸直前の旅客機に向けてレーザー光が照射されたことが判明し、社会問題化。この事件の犯人は特定されていないが、ネット上で違法製品が多数出回っていることなどから、大阪府警がサイバーパトロールを行い、京都と合わせて出品者計10業者(個人を含む)を割り出した。大阪、京都をはじめ出品者の所在地がある栃木、群馬、静岡、和歌山、香川の計7府県警が7月11日以降、10業者の関係先を捜索し、合計で1998本を押収した。
 このうち御坊署は同14日、御坊市内の男の家を捜索。PSCマークのないレーザーポインター25本を押収するとともに、取り調べや捜査を進め、8月1日に書類送検した。男は違法性を認識したうえで海外から違法製品を仕入れ、すでに同様の製品を約250本販売していたとみられている。容疑を認めているという。
 レーザーポインターは赤や緑のレーザー光を出すペン型の事務用品。安全基準を大きく超える出力になると、照射によって失明したり、風船が割れるほどの強い光を放ち、危険視されている。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る