御坊市民教養講座 長谷川氏が世界情勢語る

 平成28年度第3回市民教養講座は6日に御坊市民文化会館大ホールで開講。ジャーナリストの長谷川幸洋さんが「世界の情勢~日本の針路を考える~」と題して語った。
 長谷川さんは冒頭で「きょうは一人で『そこまで言って委員会』をやろうと思います」と笑わせ、舌鋒鋭く他の出演者の意見を批判しながら「まず日本がどうあるべきかと考えるのではなく、順番としては世界の情勢、特に東アジアがどうなっているのかをまずよく理解して、それから日本の対応を考えていくべき」とし、世界で注目を集める中国政府の南シナ海での動向について解説しながら「中国政府は他の国と違い『縄張りを広げる』という考えで動いている。原理の違う相手とは話しても分かり合えない。外交とは相手と話し合うことではなく、第三者と話して味方を増やしていくこと」と熱弁を振るった。南シナ海で9月に中国とロシアが大規模な合同軍事演習を予定していることにも触れ、「ここへアメリカが出ていく可能性もあり、9月の南シナ海は一触即発。歴史の転換点になるかもしれないとすら私は思っている」と懸念を表明。中国の南シナ海での動向への対応で最も現実的で有効なのは、「日米が合同で南シナ海をパトロールすること」と持論を展開した。「これまでは法の支配が世界の秩序を守ってきたが、残念ながら中国政府やテロリスト達は『力の支配』を実行しようとし、徐々に世界がそうなっている。世界の枠組みが音を立てて変わりつつある。そういう局面にあるということを知っておかねばならない」と訴えた。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る