御坊市民教養講座 長谷川氏が世界情勢語る

 平成28年度第3回市民教養講座は6日に御坊市民文化会館大ホールで開講。ジャーナリストの長谷川幸洋さんが「世界の情勢~日本の針路を考える~」と題して語った。
 長谷川さんは冒頭で「きょうは一人で『そこまで言って委員会』をやろうと思います」と笑わせ、舌鋒鋭く他の出演者の意見を批判しながら「まず日本がどうあるべきかと考えるのではなく、順番としては世界の情勢、特に東アジアがどうなっているのかをまずよく理解して、それから日本の対応を考えていくべき」とし、世界で注目を集める中国政府の南シナ海での動向について解説しながら「中国政府は他の国と違い『縄張りを広げる』という考えで動いている。原理の違う相手とは話しても分かり合えない。外交とは相手と話し合うことではなく、第三者と話して味方を増やしていくこと」と熱弁を振るった。南シナ海で9月に中国とロシアが大規模な合同軍事演習を予定していることにも触れ、「ここへアメリカが出ていく可能性もあり、9月の南シナ海は一触即発。歴史の転換点になるかもしれないとすら私は思っている」と懸念を表明。中国の南シナ海での動向への対応で最も現実的で有効なのは、「日米が合同で南シナ海をパトロールすること」と持論を展開した。「これまでは法の支配が世界の秩序を守ってきたが、残念ながら中国政府やテロリスト達は『力の支配』を実行しようとし、徐々に世界がそうなっている。世界の枠組みが音を立てて変わりつつある。そういう局面にあるということを知っておかねばならない」と訴えた。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る