こんなん出来ましたけど…

 徳本さんで日高おこし隊実行委員会(日高町・湯川泰嗣会長)が進める徳本そばを使った商品開発の一環で同町荊木、スナックトンボのママこと脇坂みゆきさんとチーママこと井上公恵さんが4日、「そばのり巻き」「そばわかめ巻き」「そばふくろ」の3品を試作した。
 ゆでたそばを自家製のつゆにつけたり、甘辛く味付けした高野豆腐、シイタケ、カンピョウやキュウリ、赤巻きなどを混ぜたりして巻きずし風にのりやハリワカメで巻いた。また、そばふくろは油揚げに具材を詰めたバージョン。いなりずしの形ではなく、彩りよく具材が見えるように油揚げは開いたままにしている。もとは同委員会の井上純副会長が「そばをのりで巻いたらおもしろいのではないか」と提案していた。
 試食した荊木の常連客(76)は「おもしろいアイデア。甘みがちょうどよくおいしい。酒のさかなにもなりそう」と大絶賛。湯川会長は「徳本上人にゆかりのあるそばだが、和歌山県は他府県に比べて消費が少ない。そこでそばが目立つと思う。短い期間で成長するそばはそれだけ活力があるということ。その活力と徳本上人にあやかって地域振興につなげたい。今回の試作品はいい味。ワサビじょうゆで食べてもいいのでは。本格的にレシピを作成し、町内の飲食店で提供できるようになれば」と話していた。脇坂さんは「今度は卵も入れて作ろうと思います。ちょっと小腹がすいた時に子どもたちに食べてもらうのもいいと思います」と張り切っている
 同委員会は来年10月に志賀の誕生院で行われる徳本上人の200回忌法要に向けて、上人の遺徳をたたえ、観光や産業振興につなげていこうとさまざまな取り組みを展開しており、ゆかりのそば栽培も行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る