こんなん出来ましたけど…

 徳本さんで日高おこし隊実行委員会(日高町・湯川泰嗣会長)が進める徳本そばを使った商品開発の一環で同町荊木、スナックトンボのママこと脇坂みゆきさんとチーママこと井上公恵さんが4日、「そばのり巻き」「そばわかめ巻き」「そばふくろ」の3品を試作した。
 ゆでたそばを自家製のつゆにつけたり、甘辛く味付けした高野豆腐、シイタケ、カンピョウやキュウリ、赤巻きなどを混ぜたりして巻きずし風にのりやハリワカメで巻いた。また、そばふくろは油揚げに具材を詰めたバージョン。いなりずしの形ではなく、彩りよく具材が見えるように油揚げは開いたままにしている。もとは同委員会の井上純副会長が「そばをのりで巻いたらおもしろいのではないか」と提案していた。
 試食した荊木の常連客(76)は「おもしろいアイデア。甘みがちょうどよくおいしい。酒のさかなにもなりそう」と大絶賛。湯川会長は「徳本上人にゆかりのあるそばだが、和歌山県は他府県に比べて消費が少ない。そこでそばが目立つと思う。短い期間で成長するそばはそれだけ活力があるということ。その活力と徳本上人にあやかって地域振興につなげたい。今回の試作品はいい味。ワサビじょうゆで食べてもいいのでは。本格的にレシピを作成し、町内の飲食店で提供できるようになれば」と話していた。脇坂さんは「今度は卵も入れて作ろうと思います。ちょっと小腹がすいた時に子どもたちに食べてもらうのもいいと思います」と張り切っている
 同委員会は来年10月に志賀の誕生院で行われる徳本上人の200回忌法要に向けて、上人の遺徳をたたえ、観光や産業振興につなげていこうとさまざまな取り組みを展開しており、ゆかりのそば栽培も行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る