アカモクの人気上々

 紀州日高漁業協同組合が、ことし5月から販売している海藻の一種「アカモク」が上々の人気だ。600㌔弱を生産したところすでに半分が売れており、御坊市内の魚屋では天ぷらに混ぜ込んだ新商品も開発。着実に知名度がアップしている。
 由良町の戸津井や小引に群生しているアカモクで、組合員や地元女性でつくる「アカモク会」が水揚げして加工。それを同組合が買い取って「紀州あかもく」として県内で初めて商品化した。これまでも紹介した通り、アカモクは独特の粘りがあり、くせのない味が特徴。ポン酢やめんつゆにつけたり、ご飯やうどんに乗せたりして食べるとおいしい。さらに特筆すべきは豊富なミネラル成分で、健康食品としても注目。前にこの小欄で筆者も提案したが、今度、本格的に由良産のアカモクについて専門機関に成分分析を依頼する。ミネラルが多いのは間違いないが、専門機関のお墨付きを得ることで、一層販売促進につながる。
 また、さらにアカモクをPRしていくには、オリジナルレシピの開発も必要。すでに関係者がパスタ料理なども試作しており、何か冊子やホームページで紹介できるようになればいいと思う。そこで勝手に思ったのが、みなべ町在住の料理研究家で野菜ソムリエの吉野健一さんにアカモクを使ったオリジナルレシピの開発を依頼してはどうだろう。吉野さん自身、「和歌山の素晴らしい食材を発信したい」としてすでに梅料理や由良産のニンニクを使ったオリジナルレシピを開発。以前、アカモクの話をしたところ興味深そうに聞いてくれていた。いずれにしてもアカモクが地元の新産品として定着し、地域振興につながることを期待している。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る