水ロケット 日高高校チームが世界大会へ

 全国の中学2年生から高校1年生を対象にしたAPRSAF―23水ロケット大会(独立行政法人宇宙航空研究開発機構など主催)の日本代表選考第2次審査の結果が発表され、日高高校1年生の小森辰貴君、上平裕次郎君、理科の宇田有里教諭(26)のチーム「宇宙へ」が見事通過。11月12、13日にフィリピンルソン島で開かれる世界大会出場を決めた。
 2次審査は7月16日にJAXA相模原キャンパスで行われ、書類の1次審査を通過した6中高校が出場。50㍍先の的を狙って水ロケットを飛ばしたほか、英語でのプレゼンなどで競い、2チームが選ばれた。
 水ロケット審査では、多くのチームが1射目で的を外したが、日高高チームは尾翼を曲げて安定性を向上させたことが功を奏し、全4射を的の中に着地させ、トップクラスの成績。英語のプレゼンでは日高地方の名産や観光地を紹介。他チームがスクリーンを使って紹介する中、手作りフリップで独自性を出し、またヤッホーポイントの紹介では2人で山びこを再現するなどユニークな演出で審査員の心をつかんだ。
 フィリピンでの本大会にはオーストラリアやカンボジア、中国、スリランカなどアジア、太平洋地域の十数カ国の中高生約100人が参加。同様に水ロケットで競うほか、さまざまなイベントで交流する。
 附属中2年生のころから挑み、最終チャンスのことしに念願の本大会出場権を獲得した2人は、「世界大会で入賞を目指すとともに、交流を楽しんできたいです」と笑顔。 田教諭も「入賞を目指したいです。また、教員同士の交流でいい刺激を受けてきたい」と意気込みを話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る