イクメン推奨が必要な時代

 イクメンという言葉が浸透してもう5、6年は経つだろうか。育児に積極的に参加するメンズ、と説明しなくても多くの人が理解するほど受け入れられている言葉だ。子どもの成長を楽しみにしていない親などまずいない。父親として子育てにかかわりたい、子育ての大変さを分かち合いたい、そう思っている男性諸君も多いと思うし、だからこそイクメンという言葉が受け入れられたともいえるだろう。しかし、現実はそう簡単ではないようだ。
 厚生労働省がまとめた2015年育児休業の取得率は女性が81・5%に対して、男性はわずか2・65%。前年から0・35㌽上昇し、3年連続で上がったといっても、あまりにも少ない数字である。国が目標にしている2020年に13%にも程遠いのが現状だ。これではイクメンという言葉の値打ちも下がる。記憶の新しいところでは、育休宣言しながら不倫していた元国会議員によるイメージ低下などもあり、あまり取り上げられなくなったようにも思う。しかし、イクメンの存在価値は年々高まっていることも忘れてはならない。
 証明する一つのデータがある。独立行政法人労働政策研究・研修機構がまとめた専業主婦世帯と共働き世帯の推移をみると、データが残る1980年は専業1114万世帯、共働き614万世帯だったが、2014年には専業720万世帯、共働き1077万世帯とまるっきり逆転している。景気の悪さの表れでもあり、女性が働かなければ生活できないという世帯が多いのが現実。だからこそ男性の育児は重要なのだ。貴重な戦力に休まれては困るという企業の言い分も分かるが、時代に応じた柔軟な対応こそ、いま求められていることではないか。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る