全国高校文化祭 紀央館写真部の北野君が出展

 30日から広島県で開かれる文化部のインターハイ第40回全国高校総合文化祭の写真の部に、紀央館3年の北野瑠星君が出展する。作品は、古民家をバックにトランペットなどを演奏する女子高校生3人を撮影し、ギャップを表現した「異空間」。全国に向け「レベルの高い作品をたくさん見て技術を高めたい」と張り切っている。
 昨年秋に和歌山予選となる県高校文化祭が開かれ、数百点の作品の中、北野君は上位5番目となる奨励賞二を受賞し、全国に進める5人枠に入った。
 作品は、ごぼう商工祭2015に出演する日高高校ブラスバンド部の生徒が会場の近くで練習している様子を撮影。老朽化が進みツタが巻き付くなどして朽ちていく古民家の前で、高校生がキラキラ輝く楽器を手に練習に励む様子のギャップに面白味を感じ、声をかけてシャッターを切った。
 カメラが趣味でさまざまな公募にも採用されている母親の影響を受けて、中学校2年生のころからカメラを始めた。愛用のカメラは中学時代にコンテストの景品でもらった一眼レフ。高校に入ってからは剣道部と写真部の両方に入部。写真部では部員とともに撮影に出かけるほか、個人的にもイベントなどに参加している。人物を撮ることを得意とし、表情や光の張り具合、目線の位置などを意識している。全国出展について「『異空間』は面白い構図だったので、他の人との違いを出せたと思います。全国ではたくさんのレベルの高い写真が見られるので楽しみ。撮影会でも技術を磨きたい」と話している。
 全国文化祭には各都道府県などから約300点の作品が出展され、最優秀賞3点、優秀賞7点、奨励賞20点が選ばれるほか、撮影会もある。
北野瑠星「異空間」.JPG
作品「異空間」
写真部.JPG
カメラを構える北野君

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る