相模原の刺殺事件 日高地方の施設にも衝撃

 相模原市の知的障害者施設で利用者19人が刺殺された事件を受け、県は県指定障害福祉サービス事業等の運営法人に対し、防犯対策を含む安全管理の徹底を文書で通知。日高地方では最大規模の知的障害者支援施設、県福祉事業団の由良あかつき園(佐武政之園長)=由良町吹井=にも県などから通知があり、従来から実践している門扉や施設の施錠徹底、職員の危機意識向上に努めている。
 由良あかつき園は知的障害のある人が自立的に地域生活を送るための支援を行う施設で、食事や入浴の日常生活支援のほか、生産活動、余暇活動などを通じて生活面のスキルアップを支援。現在、施設で生活している入所者は定員いっぱいの140人。昼間の通所生活介護も定員いっぱいの150人で、さらに外部のグループホーム等から10人の利用がある。
 27日朝までに県と施設を運営する県福祉事業団、和歌山市の3者から安全管理徹底を求める通知があったが、防犯対策としての門扉の閉門、各棟建物の施錠、非常時の連絡体制の確認等はどれもすでに実施している。夜間は基本的に夜勤の職員(2人)が見回りも行っており、現時点で防犯カメラの設置や警備員の配置など新たな取り組みは考えていないという。
 入所者の平均年齢は48・3歳で、障害者福祉の分野では「高齢者」とみなす50歳に近づいている。事件のあと、利用者の家族から「本当に大丈夫ですか」という問い合わせが1件あった。
 佐武園長(57)は「警備員や職員がどの時点で犯行に気づくかがポイントだと思うが…」と話しながらも、元職員による異常な犯行にショックを隠しきれない様子。「福祉事業団の安全対策は比較的厳しく、普段は使用しない物置きや倉庫、屋外のトイレも夕方以降は施錠している。引き続き、これらの安全・防犯対策を徹底し、職員に対しても安全管理はもちろん、人権意識の向上、虐待防止のための研修、指導を行っていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る