御坊南海バスがテロ対策訓練

 テロ対策でバスジャックが発生した場合の対応を学ぼうと、御坊市に本社を置く御坊南海バス㈱(那須敏明代表)は27日、実際に犯人が乗っ取った観光バスを走らせての訓練を行った。高速乗り合いバスの運行開始に合わせた取り組みで県警と連携。犯人役の警察官が迫力満点の演技を披露するなか、社員らが的確に対応し、万一の事態に備えて初動体制を確認した。
 御坊南海バスの川﨑幸二さん(51)を運転手に、同社や県バス協会所属事業所の従業員ら約50人が人質となる乗客として参加。貸し切りの観光バス(定員60人)が発車しようとしたところ、刃物を持った男が乗り込み、川﨑さんらを脅してバスを乗っ取った。犯人は運転手と乗客を威嚇し続けながら、「出て行った嫁と子を連れてこい」と要求。バスは薗の本社前から日高川町のかわべ天文公園へ向かった。
 車内では川﨑さんらが乗客の安全を最優先に、犯人を刺激しないよう対応し、隙を見て外部へのSOS発信を実践。御坊営業所でバスとの連絡や110番通報を行い、警察が捜査車両で追跡、先導した。その後、天文公園近くのゲートボール場でバスを包囲。捜査員が説得し、犯人の身柄を確保した。
 御坊南海バスは8月上旬、和歌山―東京間で高速乗り合いバスの運行を開始予定。那須代表は「世界中で頻発するテロに対してバス業界も警戒する必要があり、対応マニュアルに基づき、日ごろから事業者の対応や連絡体制を周知徹底しているところ。県警と連携して実際に車両を使用した訓練は、万が一このような事態が発生した場合、乗務員や運行会社の初動体制についてできること、できないことが経験できて非常に有益。これからも日々安全安心なバス運行を目指したい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る