日高川の瀬戸さん 新規就農

 御坊市塩屋町南塩屋の暖地園芸センターで25日、日高地方ニューファーマーズ(新規就農者)激励会が開かれた。ことしの新しい仲間は日高川町土生の瀬戸秀亮さん(24)1人だけで、家業を継ぐため3月に北海道からUターンしたばかり。地元の4Hクラブの先輩らにも温かく迎えられ、この日はセンター内の研修園地でブルーベリーを収穫しながら、農業について楽しく語り合った。
 日高地方には若手農業後継者でつくる4Hクラブが御坊、日高川、みなべ、印南の4市町にあり、この4つの単位クラブで日高地方4Hクラブ連絡協議会を構成。協議会はクラブ員の親睦、農業技術の向上、情報交換等を目的に学習会や交流会を開いており、県協議会や全国協議会が主催する会議、大会等にも積極的に参加している。
 新たに仲間となった瀬戸さんはことし3月、実家の農業を継ぐために北海道から日高川町へ戻り、4月から本格的に就農。農業はこれまでミカンやエンドウ、ブロッコリーなどの収穫を手伝う程度だったが、北海道から戻ってすぐに父が病気で亡くなり、いまは母や周囲の先輩に教わりながら現場で農業を学ぶ毎日だ。
 激励会には日高地方4Hクラブ連絡協議会会長の西田成貴さん(25)=御坊市=ら各単位クラブの先輩8人が顔をみせ、県農業大学校就農支援センターの成川正芳次長、鳴川勝主任、日高振興局農業水産振興課の柿木正明課長らも出席。自己紹介、クラブの活動紹介などに続き、研修園地でブルーベリーの収穫体験が行われた。
 瀬戸さんは「自分にとって農業は、会社で働くよりも合っていると思います。ただ、(北海道に比べて)いまの時期は暑さにまいってしまいます」と真っ黒に日焼けした顔をほころばせ、4H連絡協会長の西田さんも「瀬戸君は同級生ということもありますし、就農してくれてうれしい。自分は花を作っていて、作物は違いますが、同じ農業者としてどんどん情報交換していきたいです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る