日高川の瀬戸さん 新規就農

 御坊市塩屋町南塩屋の暖地園芸センターで25日、日高地方ニューファーマーズ(新規就農者)激励会が開かれた。ことしの新しい仲間は日高川町土生の瀬戸秀亮さん(24)1人だけで、家業を継ぐため3月に北海道からUターンしたばかり。地元の4Hクラブの先輩らにも温かく迎えられ、この日はセンター内の研修園地でブルーベリーを収穫しながら、農業について楽しく語り合った。
 日高地方には若手農業後継者でつくる4Hクラブが御坊、日高川、みなべ、印南の4市町にあり、この4つの単位クラブで日高地方4Hクラブ連絡協議会を構成。協議会はクラブ員の親睦、農業技術の向上、情報交換等を目的に学習会や交流会を開いており、県協議会や全国協議会が主催する会議、大会等にも積極的に参加している。
 新たに仲間となった瀬戸さんはことし3月、実家の農業を継ぐために北海道から日高川町へ戻り、4月から本格的に就農。農業はこれまでミカンやエンドウ、ブロッコリーなどの収穫を手伝う程度だったが、北海道から戻ってすぐに父が病気で亡くなり、いまは母や周囲の先輩に教わりながら現場で農業を学ぶ毎日だ。
 激励会には日高地方4Hクラブ連絡協議会会長の西田成貴さん(25)=御坊市=ら各単位クラブの先輩8人が顔をみせ、県農業大学校就農支援センターの成川正芳次長、鳴川勝主任、日高振興局農業水産振興課の柿木正明課長らも出席。自己紹介、クラブの活動紹介などに続き、研修園地でブルーベリーの収穫体験が行われた。
 瀬戸さんは「自分にとって農業は、会社で働くよりも合っていると思います。ただ、(北海道に比べて)いまの時期は暑さにまいってしまいます」と真っ黒に日焼けした顔をほころばせ、4H連絡協会長の西田さんも「瀬戸君は同級生ということもありますし、就農してくれてうれしい。自分は花を作っていて、作物は違いますが、同じ農業者としてどんどん情報交換していきたいです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る