美浜でひきこもりサポーター養成キャンプ

 美浜町三尾の日ノ岬キャンプ場で16、17の両日、ひきこもりの経験を持つ若者らをメンタルサポーターとして養成するためのキャンプが行われ、若者19人と精神科医、臨床心理士、県外の就労支援施設の関係者ら約50人が参加。大賀池そばの広場に輪になって腰を下ろし、ざっくばらんにそれぞれの思いなどを語り合った。
 国内には現在、長期ひきこもりの若者が70万人以上いるといわれ、親や学校の教師ではなく、同じ苦しみを共感できるひきこもり経験のある他人(メンタルサポーター)が寄り添うことによって、社会に踏み出すきっかけをつかめるという。今回は大学生のひきこもり回復支援プログラムの研究で知られる和歌山大名誉教授の精神科医宮西照夫さん(68)が代表を務めるひきこもり研究センターなどが主体となって呼びかけ、「ひきこもって新たな、自由な生き方を探る」というテーマで討論した。
 自分が長くひきこもっていたなかで、何に縛られ、どんな自由を欲していたか――という質問に、ひきこもり経験のある男性は「自分は親の期待や圧力に無意識に縛られ、自分の考えとは別に、その期待に応えようと進路を決めていた」と振り返り、大阪から参加した就労支援の専門家の女性は「若い人たちはみんな仕事を求めながら自由も求めるけど、仕事とお金を結びつけると(自由に)枠ができるというジレンマがある。私の自由はこだわらないこと。こだわると腹が立つし、こだわらなければ楽になる」などと話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る