地元の魅力を感じよう

 高校生のとき、将来何になりたいかという明確な答えなど持っておらず、単純に都会生活と親元を離れて一人で暮らすことへの憧れだけで、親の負担も考えずに大学に進学することを目標にした。運よく奈良県の大学に合格し、奈良県との境にある大阪の昔ながらの文化住宅で一人暮らしをさせてもらった。ミナミやキタへは電車で30分~40分、都会での遊び中心の学生生活は楽しいの一言だったが、田舎者の筆者は「仕事をするなら暮らしやすい地元の方がいい」と思ったのが正直なところ。都会には都会の、田舎には田舎のよさがある。
 大学の友達が筆者のふるさと印南町へ遊びに来たとき、切目から岩代にかけての紀伊水道の水平線を見て歓声を上げて喜んでいたのは、20年たったいまでもはっきり覚えている。地元民にとっては当たり前の光景も、都会の人からすれば感動を覚えるほどの魅力なのかと初めて感じた瞬間でもあった。いま思えば、身近にある魅力に気づくには、外から見てもらうこと、自分自身も外を見てくることが大切なのだと、何となく感じた瞬間でもあった。
 「わたしの住むまちはこんなに魅力的でした」。ことし2年目を迎える御坊日高博覧会のパンフレットの表紙に添えられている言葉である。地元にある魅力を再発見してあらためて観光資源として磨き上げる。行政を頼りにするのではなく、自分たちの手で魅力を磨いていく、今の地域振興の在り方の基本であろう。高校生おんぱく部プロデュースのリアル脱出ゲームなどユニークなプログラムがいっぱい。まちの魅力は「人」であることも、再認識できる機会になるだろう。時間のある人はぜひ参加してみよう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る