小説に書かれたトルコとの縁

 トルコでのクーデター未遂のニュースを連日見て、昨年の映画「海難1890」や秋月達郎氏の小説「海の翼 エルトゥールル号の奇蹟」を思い出した
映画では、明治のトルコ軍艦エルトゥールル号海難、昭和60年のトルコ機によるイランからの日本人脱出の2点に絞り、じっくり描いて感動を呼んだ。「海の翼」もそれが中心だが、その間の日露戦争のことも詳しい。山田寅次郎というユニークな日本人が登場する
寅次郎は海難の義援金を募って全国を2年間演説して回り、5000円(現在の1億円相当)を集めた。外務大臣から自身で届けるよう勧められ、一民間人の義挙に現地では熱烈歓迎。皇帝から「トルコに残り、士官学校で日本について教えてほしい」と依頼された。前任の日本人教員野田正太郎は軍人秋山真之からロシアの動向を見張るよう頼まれていたが病気になり、寅次郎に託す。寅次郎は教え子のトルコ人青年20人の協力も得て毎日ボスポラス海峡を見張り、ついに商船を装って通過する黒海艦隊3隻を確認。ただちに情報を日本へ送るべくオリエント急行へ身一つで乗り込み、一番近いウィーンの日本公使館へ。情報はすぐ連合艦隊司令部に届き、参謀・秋山が対戦場所は「対馬沖」と判断。日本海海戦に臨み、勝利した。ロシアの脅威に長年悩まされたトルコでは多くの国民が日本の快挙に感激したという。寅次郎は20年をトルコで暮らし、帰国後、遭難の地樫野への慰霊碑建立にも尽力した
両国の歴史には多くの人に知られている以上の深い関わりがあると学んだが、現在のトルコについてはあまりにも何も知らず、知らなければと思う。行動することには及ばないが、知ろうとする気持ちは、小さくてもつながりの種を生むと信じたい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る