定期的な水難訓練を

 夏本番を迎え、産湯海水浴場は、多くの海水浴客でにぎわっている。ことしも県の水質調査では、良好を示す「A」の判定。水がきれいな県内屈指の海水浴場で、この地域資源を一層生かしていこうと、ことしから海開きの式典を町が主催。3年ぶりに宝探しも行い、多くの親子連れらが参加した。
 さらにことしは実現しなかったが、松本秀司町長は「滑り台のようなアトラクションを整備したい」と話していた。大型プール施設にあるウオータースライダーのような大層なものではなく、空気を入れてふくらませる簡易な設備を考えていたが、いいのが見つからなかったという。それでも何かアトラクションがあれば、子どもらには人気が出ると思うので、ぜひ今後も整備できるよう検討していってほしい。また、海水浴場を盛り上げていくために宝探し以外にも、スイカ割り大会や音楽の催しなど、いろいろイベントを企画してはどうだろうか。
 そんな楽しい海水浴場も、気を付けなければならないのが水難事故で、産湯海水浴場では救命ボートを新調。もしもの場合も迅速な救命活動が期待されている。ただ、大切なのは日ごろからの整備、点検、そして訓練。いざという時にエンジンが始動しない、操作に手こずる、ボートの空気が抜けているなどの状態になれば、助かる命も助からない。先日も海水浴場のスタッフがボートを使った救助訓練を行ったが、定期的にエンジンチェックや訓練をする方がいい。水難者の役を立てて本番さながらの訓練をしておくのもいいかもしれない。救命ボートが使われるような事態が起きないことが一番いいが、備えあれば憂いなしである。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る