熱い戦い、結束に感動

 フランスで開催されたサッカーの欧州選手権(EURO2016)は先日、決勝が行われ、ポルトガルが地元国フランスを破って初優勝を飾った。EUROは4年に1度、ワールドカップの中間年に行われ、ヨーロッパ王者を決める大会。日本時間では未明から早朝にかけての試合だったため、地上波でのテレビ中継をほとんどすべて録画し、熱中観戦して楽しんだ。
 決勝は開始早々にポルトガルの主将、クリスティアーノ・ロナウド選手が相手との接触で負傷。治療を受けたがプレー続行不可能となり、25分ほどでピッチを去るというアクシデントがあった。しかし、チームはエース抜きで奮闘し、試合は0―0で延長戦へ。交代出場のエデル選手が延長後半、決勝点となる強烈なミドルシュートをたたき込んだ。
 日本では参院選投開票翌日早朝の話。ロナウド選手がピッチ外に運ばれる担架の上で目頭を押さえ、涙を流す場面は仕事終わりの眠い目を一気に熱くさせた。さらに交代を余儀なくされたロナウド選手は、治療を終えてベンチに戻ったあと、延長戦が始まる前にはピッチ上でチームメートたちを鼓舞。足をひきずりながらサイドライン際から声を出し続けていた。
 また、テクニカルエリアでは監督と並んで選手に指示。右へ左へ動き回り大きなジェスチャーを見せたかと思うと、交代出場する選手の背中をたたいて送り出す。味方が惜しいチャンスを逃せば全身で悔しさを表現。個人やクラブチームでのタイトルをほぼすべて手にした彼が、ついに代表の主要トロフィーを獲得した。その喜びを爆発させる姿、そしてエースの途中退場で生まれたチームの〝アツい〟結束に感動した。
      (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る