続けることは大きな力

 みなべ町山内の千里の浜で、アカウミガメの産卵がピークを迎えている。ことしは5月17日夜から18日未明にかけて初めて上陸と産卵が
確認された。以後、順調に上陸と産卵が行われており、現地で研究している日本ウミガメ協議会によると、昨年の約2倍のペースで推移しているという。例年だと8月末ごろまで続き、その後は子ガメの孵化がみられる。
 千里の浜のウミガメ調査では、同町東吉田の後藤清さん(87)の功績が大きい。小学校教員在任中の昭和56年から30年以上にわたり、シーズン中に千里の浜を歩き続けた。5~8月までの産卵期間中、毎晩日没から深夜まで1・3㌔にも及ぶ浜を往復し、ウミガメの頭数や甲羅の大きさ、孵化調査などを行い、冊子にまとめて記録に残した。孵化調査も行い、10月ごろまで浜に入り浸りとなる日を過ごした。集めたデータは生態を知る上で貴重なもので、千里の浜のウミガメ第一人者として知られている。
 たまに取材で浜を歩くことがある。砂に足をとられて歩きにくい。1・3㌔もある浜を少し歩くだけでも肉体的にしんどい。それを繰り返し、続けられたことには頭が下がる。後藤さんが高齢になったこともあり、2年前からは青年団の歴代会長らに引き継がれた。
 最近は産卵シーンが注目され、県内外から大勢の観察者が訪れるようになった。それも後藤さんがウミガメを現場で調査し、保護活動を行ってきた結果だろう。今月10日からは、東京や大阪からボランティアが訪れて調査を行っている。ウミガメを通じた活動は大きく広がった。
 1つのことに打ち込み、それを継続することで大きな道が開けてくる。問題はその努力が続けられるかどうか。まさに継続は大きな力となる。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る