由良の養殖クエ 順調に成育

 近畿大学が昨年6月から由良町戸津井沖で行っているクエの養殖試験は、2年目スタートとなった先月、いけすの台数を一気に2倍に増やし、養殖魚を5500匹追加した。1年目の2300匹が順調に育っていることを受け、養殖に一定の手応え。当初、白浜町への初出荷は3年後を予定していたが、クエシーズンとなることし11月にも前倒しで行う。
 白浜町の近大水産研究所は20年越しでクエのふ化から成魚までの完全養殖に成功し、平成19年から「紀州本九絵」として出荷。白浜のホテルや旅館、レストランなどで提供され、天然クエに比べ安価なことなどから大人気となっている。天然のクエと競合することなく、相乗効果でクエのPRにも一役買っている。近大では、これまで白浜町で人工ふ化させたあと、九州南方の奄美大島で養殖していたが、供給量が足りなくなってきたため、別の養殖場所を探していたところ、由良町と地元漁協から戸津井漁港沖での養殖の申し入れがあった。戸津井沖には、10年前までマダイの養殖場があり、クエの養殖にも適していると期待されていた。
 養殖1年目は、いけす(12×12㍍)を6基設置。白浜町で人工ふ化して、奄美大島で3、4年中間育成したクエ2300匹を持ってきて育てており、当初重さ1・4㌔だったのが、今月8日現在で1・8㌔にまで成長。死んでしまうクエはほぼいないという。2㌔にまで大きくなれば出荷できるとされており、このままいけば11月か12月にも初出荷される。2年目は、いけすを新たに6基設置し、1㌔と1・5㌔のクエ合わせて5500匹を追加した。
 漁港の一角には、エサを保管したり飼育状況をチェックしたりするための事務所も設置されている。連日、漁船で沖に出てエサやりをしている近大水産養殖種苗センター白浜事業場の前田茂樹さんは「いまは水温が25度でエサの食いが大変いい。この養殖場は白浜などに比べて水がきれいで潮の流れもよく、由良で育った養殖クエはおいしい身になるのでは」と期待している。
 県内でクエの養殖場は白浜町以外には由良町だけ。町内には天然クエを提供している旅館などがあり、PRにもつながりそうだ

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る