由良の養殖クエ 順調に成育

 近畿大学が昨年6月から由良町戸津井沖で行っているクエの養殖試験は、2年目スタートとなった先月、いけすの台数を一気に2倍に増やし、養殖魚を5500匹追加した。1年目の2300匹が順調に育っていることを受け、養殖に一定の手応え。当初、白浜町への初出荷は3年後を予定していたが、クエシーズンとなることし11月にも前倒しで行う。
 白浜町の近大水産研究所は20年越しでクエのふ化から成魚までの完全養殖に成功し、平成19年から「紀州本九絵」として出荷。白浜のホテルや旅館、レストランなどで提供され、天然クエに比べ安価なことなどから大人気となっている。天然のクエと競合することなく、相乗効果でクエのPRにも一役買っている。近大では、これまで白浜町で人工ふ化させたあと、九州南方の奄美大島で養殖していたが、供給量が足りなくなってきたため、別の養殖場所を探していたところ、由良町と地元漁協から戸津井漁港沖での養殖の申し入れがあった。戸津井沖には、10年前までマダイの養殖場があり、クエの養殖にも適していると期待されていた。
 養殖1年目は、いけす(12×12㍍)を6基設置。白浜町で人工ふ化して、奄美大島で3、4年中間育成したクエ2300匹を持ってきて育てており、当初重さ1・4㌔だったのが、今月8日現在で1・8㌔にまで成長。死んでしまうクエはほぼいないという。2㌔にまで大きくなれば出荷できるとされており、このままいけば11月か12月にも初出荷される。2年目は、いけすを新たに6基設置し、1㌔と1・5㌔のクエ合わせて5500匹を追加した。
 漁港の一角には、エサを保管したり飼育状況をチェックしたりするための事務所も設置されている。連日、漁船で沖に出てエサやりをしている近大水産養殖種苗センター白浜事業場の前田茂樹さんは「いまは水温が25度でエサの食いが大変いい。この養殖場は白浜などに比べて水がきれいで潮の流れもよく、由良で育った養殖クエはおいしい身になるのでは」と期待している。
 県内でクエの養殖場は白浜町以外には由良町だけ。町内には天然クエを提供している旅館などがあり、PRにもつながりそうだ

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る