10月18日 大相撲和歌山場所

 和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで10月18日、大相撲の秋巡業「大相撲和歌山場所」が行われる。同市での巡業は14年ぶりとなる。
 7日には主催者の実行委員会、日本相撲協会による記者発表があり、実行委員会の尾崎要二会長は「県出身の力士が1人でも早く育ってくれるよう、今後につながるような巡業になれば。テレビの放送では見られない、力士のひたむきな面も間近に見てもらいたい」とPR。海南市出身で日本相撲協会広報部長の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「和歌山は昔からアマチュア相撲が盛んな土地。新しい力士の発掘とともに、大勢の人に大相撲の迫力を目の当たりにしてほしい」、同協会の千田川順親方(元小結闘牙)は「力士とお客さんの距離が近いのが地方巡業の魅力。1人でも多くの方に直接ふれあってもらいたい」と話した。 
  
 巡業には、横綱の白鵬をはじめとする力士約160人を含む総勢280人が参加。御坊市出身の三段目、栃乃島(春日野)ら県出身の若手力士4人も参加する。
 当日は午前8時に開場し、公開稽古。幕内と横綱の土俵入り、幕内の取組が行われる。
 チケットはタマリ席1万5000円(1人分)、ペアマスA席2万4000円(2人分)、1階イス席9000円など。18日からチケットぴあ、ローソンチケットなどで販売。テレビ和歌山ホームページ内特設サイトからも予約購入できる。
 テレビ和歌山は17日午前10時から午後5時まで、電話(℡073・455・5708)で特別先行販売する。問い合わせは実行委事務局℡073・455・5721。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る