御坊日高おんぱく プログラム決まる

 今月31日に開幕する御坊日高博覧会(おんぱく)のことしのイベント内容が、決まった。食べる、学ぶ、遊ぶの3つのテーマ別に御坊日高の魅力がぎっしりと詰まった40のプログラムを用意。ことし発足した高校生おんぱく部のメンバーが提供するプログラムも2つあるなど昨年よりパワーアップ。初日の31日にはオープニングイベントも企画しており、9月11日までの43日間、大いに盛り上がりそうだ。
 おんぱくは、地域住民が主役となってさまざまな体験等のプログラムを提供し、御坊日高の気づかなかった魅力、面白さに出会うきっかけにしようと、昨年日高地方の若者を中心に有志が集まって初開催し、大好評だった。行政に頼らない民間主導の地域活性化イベントとしても注目されている。
 ことしは昨年の32より8つ多い40プログラム。「食」では、『地引き網ととれとれ魚のバーベキュー』、『地酒「日高桜」オトナ飲み会』、『自分で作ろう早なれ寿司』など地元のおいしいものが味わえる内容。
 「学ぶ」では、『快眠マイスターと作ろうぴったり子供まくら』、陶芸体験『あなたも魯山人』、紀州材を使った『君は未来の大工さん』などさまざまなものづくりが体験できるイベントがいっぱい。
 「遊ぶ」は、『紀州鉄道ドリーム号発進』、『親子で楽しめるバリ島スタイルのろうけつ染め体験』、煙樹ケ浜で『みんなで描こう堤防大壁画プロジェクト』など盛りだくさん。
 高校生おんぱく部提供のプログラムは、8月14日に由良町白崎中学校を会場に夏祭りとリアル脱出ゲームをミックスした『真夏の学園祭~旧校舎からの脱出~』と、期間中毎日開催する御坊日高の駅や店舗を巡る宝探しの旅『THE・おんぱく・キャッシング』。いずれも若い感覚があふれ、子どもから年配者まで誰でも楽しめる。
 オープニングイベントは初日午前10時から日高川町の道成寺宝仏殿前で開催。オープニングのために作曲したファンファーレの生演奏に合わせて500個の風船を空に飛ばす計画。このあとイラストレーターと一緒に子どもたち、スタッフがおんぱくのロゴをライブペインティングし、完成品はJR御坊駅に飾る。当日の参加も広く呼びかけている。各プログラムの参加申し込みは7日からスタートしており、パンフレットやWebサイトで受け付けている。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る