日高町 ベトナムの観光客誘致へ

 日高町商工会と同町旅館民宿組合が企画していたベトナム観光客誘致の取り組みが、いよいよ本格始動する。8日には関係機関とスクラムを組んで「日高町海外観光客誘致委員会」を設立。8月中にベトナム中学生らのホームステイ受け入れ、9月に現地視察も計画。昨年12月に関西国際空港にベトナムからのチャーター便が運航開始されており、いち早くベトナム観光客を取り込みたい考えだ。
 国内ではインバウンド(訪日外国人観光客)が増加傾向にあり、2020年で年間2000万人の目標はすでに射程に入り、さらに4000万人に引き上げる案も浮上しているほど。人気の観光地は、大阪、京都、名古屋、富士・箱根、東京のいわゆる「ゴールデンルート」となっているが、近年地方の観光地も注目されてきている。特に日高町は関西空港から車で約1時間という距離にあり、インバウンドの誘致には好条件。そこで、昨年12月に関西空港にLCC・ベトジェット航空のチャーター便が初就航し、増加傾向にあるベトナムの観光客誘致に着目。同町のクエ、温泉館、黒竹などの観光資源を活用しながら日高地方の広域的な観光振興にもつなげていき、クエや海水浴シーズン以外の閑散期対策にもしていく。
 同町海外観光客誘致委員会は、商工会、旅館民宿組合、観光協会、町議会、日高町、日高振興局などで組織。第1回会議は8日午後2時半から商工会館で開き、役員選出などを行う。すでにベトナムの旅行エージェントを通じて、8月中に現地の中学生10人と大人10人が2泊3日で日高町に滞在し、地元中学生との交流やゴミ分別の学習を行う計画があり、同委員会で受け入れ態勢を整えていく。この旅行エージェントは、近くベトナムに日本への観光客を送り込む会社を設立する予定で、今後、同町への観光客誘致のキーマンとしても期待されている。また、委員らは9月にベトナムの市場視察を行い、日本総領事館も訪れる。
 公益財団法人わかやま産業振興財団のわかやま中小企業元気ファンドに助成金申請も行っており、認可されれば、専門家の派遣を受けての観光ルート作りや外国語の観光パンフレット作成なども進めていく。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る