参院選 18・19歳の新有権者に聞く

 幸福実現党新人の西本篤氏(46)=和歌山市湊=、無所属新人(共産、社民、生活推薦)の由良登信氏(64)=御坊市塩屋町北塩屋=、自民党現職(公明推薦)の鶴保庸介氏(49)=岩出市桜台=の3候補が熱い舌戦を繰り広げている参院選は、10日の投開票まであと3日。公職選挙法改正で投票権がこれまでの20歳から18歳に引き下げられて初めての国政選挙としても注目されている。本紙では、日高地方の18、19歳50人に関心の有無、投票に行くか、求める政策についてアンケートを実施。「関心ない」が半数以上だったが、ほぼ7割が「投票には行く」としており、一票の重みを感じていることをうかがわせた。
 アンケートは今月4、5の2日間で実施。日高地方在住、在勤、通学、出身の高校生、専門学生、大学生、社会人を対象に聞き取り等で行った。男性30人、女性20人。設問は「関心はあるか」「投票に行くか」「求める政策」の3点。
 関心については、「ない」が29人で、「ある」の21人を上回ってほぼ6割を占めた。「あまり身近に感じない」や「候補者がどんな人か分からない」などの声が聞かれた。
 一方で、投票に行くかどうかの問には「行く(すでに行ったを含む)」が34人で68%を占め、「行かない」16人の2倍以上となった。理由としては「初めてだから行っておきたい」が10人以上で最も多く、「義務だから当然」「親に行くように言われている」「親が応援している候補者がいるから」などの声も複数。「若者はもっと政治を知って参加すべき。『いまどきの若者は』と言われないようにしなければ」(御坊市、19歳女性)との意見もあり、一票を無駄にしたくない若者が多いことを示した。
 求める政策では、さまざまな意見が出た。「奨学金をもらって大学に通い、卒業してから返済するが、仕事が見つからなかった人は返済が大変。そんな人に猶予を与える制度がほしい」(19歳男性)、「給料を増やしてほしい」「なんといっても景気の回復」「働く場所がほしい」など経済的な政策の必要性を訴える声が目立った。このほか「税金は必要だと思うが、もっと安くしてほしい」「国家公務員や政治家の給料が高すぎる」など税金に関する思いも複数あった。ほかには「高速道路を早く4車線化してほしい」「教育環境の充実」「戦争をしない平和な国づくり」「介護や高齢者福祉の充実」など。また、「いまはまだ分からない」との率直な意見も5人いた。
日高20160707_日高[1-1].jpg

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る