和高専産官学交流会の真妻ワサビ栽培順調

 和高専産官学技術交流会(会長・上西一永大洋化学㈱代表)の総会が4日に花ご坊で開かれ、2年前から取り組んでいるハイブリッド型水耕栽培で新たにワサビを試験栽培し、順調に生育していることが報告された。印南町が発祥とされるワサビの最高級品種「真妻わさび」で、気象条件に左右され、栽培が難しいとされる地元特産の安定生産が期待されている。
 ハイブリッド水耕栽培は、大洋化学が中心となって同交流会が開発したオリジナルの栽培技術で、銀イオン水精製機とLED照明で野菜等を育てる方法。二段式や三段式の棚栽培が可能で、限られた面積でも効率的に収穫できるなどのメリットがある。
 これまでレタスやバジルなどさまざまな野菜の生育に成功しており、地元特産であり市場でも付加価値の高い真妻わさびを育成しようと、ことし2月から実験用コンテナの中で栽培をスタート。4カ月余りが過ぎたが、順調に生育している。ワサビは気温、水温、日射量などのほか鳥獣被害もあり生産者は苦労の連続。水耕栽培が成功すれば、地域ブランドの安定生産につながると期待がかかっている。
 総会で研究状況を報告した大洋化学㈱経営企画グループの大川葵さんは「1年で10㌢ほどの大きさになり、出荷できる。葉は2週間ほどで大きくなるので、加工して商品にすればコスト低減にもつながる」などと明るい見通しを説明した。
 三段式水耕栽培棚は、今月27日から3日間、東京ビッグサイトで開かれる施設園芸・植物工場展にも出展される。 
 総会では、任期満了に伴う役員改選も行われ、会長に上西さんを再選した。任期は2年。本年度事業計画では、ロボットフェスへの協力や水耕栽培の販路研究などを決めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 光りの向きはこっちやから…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る