地酒「日高桜」の販売スタート

 地域の活性化に取り組む有志の会「御坊・日高わいわい会議」(岡本恒男世話人)は、ことしも日高平野で収穫した米を使った日本酒「日高桜」を製造。好評だった昨年に続き2回目。販売開始の1日には、湯川町小松原のいきいき酒場でヌーボーパーティーを開き、味を確かめた。
 昨年、地域の新たなブランドをつくろうと、和高専物質工学科の楠部真崇准教授らとともに地酒造りに取り組み、メンバーが所有する美浜町和田の田んぼで栽培した品種「日本晴」を使って完成させた。すっきりとした飲み口が特徴で、一般的な火入れ(熱処理)酒と非加熱処理の生酒原酒の2種類を販売。限定60本の生酒一升瓶はすぐに、火入れ酒は一升瓶、四合瓶各500本とも半年以内に完売するほど好評だった。
 ことしも昨年同様、海南の名手酒蔵に依頼し醸造。昨年の好評ぶりから生酒は一升瓶200本、新たに作った四合瓶は500本、火入れ酒は一升瓶400本、四合瓶900本を用意した。パーティーにはメンバーのほか一般参加者も集まり、全員で乾杯し新酒の味を楽しんだ。岡本世話人は「ことしも日高平野を駆け抜けるようなさわやかな味で、おいしくできました」と太鼓判を押している。
 価格は火入れ酒一升瓶が2268円、四合瓶が1274円、生酒は一升瓶が2570円で、四合瓶1382円(いずれも税込み)。御坊市などの各酒店で購入できる。

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る