71年前の狂気に戦慄

 昨年末、戦争の話をまとめた本を出版した。日高地方を中心に、戦争を体験された人らを訪ねて話を聞きながら、いまとはまるで違う国民の生活、教育、価値観に戸惑うことも少なくなかった。
 表紙は戦争末期、関東地方で撮影された婦人部隊の集合写真。御坊市内の男性にお借りした。きたるべき米軍の上陸、本土決戦に備え、竹やりで米兵に対抗するというゲリラ部隊の写真だが、若い人にはおとぎ話のようなあの戦争を象徴する一枚である。
 「一億玉砕」が叫ばれていた戦争末期の話として、先日、美浜町の入山と御坊市の亀山に残る 「壕」 やトーチカを取材した。トーチカとは、機関銃などを構える小窓以外をコンクリートで固めた防御施設。入山や亀山の場合、山の斜面に横穴を掘り、30~50㌢四方の銃眼の周囲が分厚いコンクリートで覆われている。
 ほか、両方の山とも10カ所ほどの壕(横穴)が確認でき、亀山には壕のそばに塹壕らしき溝も残っている。壕は個人の「防空壕」とは違うと思われ、兵士の退避場所か弾薬庫にするつもりだったのか、あるいはトーチカを造る途中に終戦を迎え、穴だけが残ったか。
 亀山のトーチカは煙樹ケ浜や塩屋へ上陸後、熊野街道(国道42号)を北上する米軍を、入山も同様、上陸後に移動する米軍を後方から狙う作戦だったと思われるが、敵までの距離は亀山が最短でも約200㍍、入山は1㌔ほどもある。実際に戦闘となれば、どれほど効果があったのか。
 日高地方の山で軍の壕が掘られていたころ、沖縄では米軍が火炎放射器で壕を焼き払い、ガマ(自然の洞穴)に逃げ込んだ住民が追い詰められ、集団で自決した。「終戦がもっと遅れていたなら…」。汗とは別に、冷たいものが背筋を走った。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る