白崎海洋公園の「甘夏ソフト」が人気

 由良町大引、白崎海洋公園の指定管理者となっている一般社団法人白崎観光プラットフォーム(中西剛史代表理事)は、同町特産の夏ミカンを使ったアイスとソフトクリームを商品化し、爆発的な売れ行きとなっている。夏ミカンの粒々の食感を残し、爽やかな後味に仕上げたのが人気の秘密。商品にできない規格外の地元農産物を有効活用するのが開発のきっかけで、地場産業の振興に一役買っている。
 中西代表(38)らは、白崎海洋公園で行っている軽トラ市の連絡協議会の立ち上げにも携わったが、メンバーの地元農家と交流を深めていくうちに、「売りに出せない地元の農産物を加工して、何とか有効活用できないか」と思い立った。同協議会の役員が夏ミカンを栽培していたことから、話がとんとん拍子に進み、ことし2月に400㌔分を購入。通常はジュース用などに1㌔10円の値段となるが、倍の20円で取引。アイスとソフトクリームの開発は広川町の業者と共同で進め、プラットフォームのスタッフらが試食を重ねて、「甘すぎず、すっきりとした口当たり」にこだわり、ことし4月に商品が完成した。
 商品名は「あまなつソフトクリーム」などとなっており、カップアイス(350円)は550個製造し、すでに完売。ソフトクリーム(400円)は3000個作って残り600個しかなく、現在、白崎海洋公園パークセンターで販売中。リピーター客も多く、近くインターネットの大手旅行サイトでも紹介することから、スタッフは「ソフトクリームのシーズンとなる真夏まで在庫が持たないかもしれないので、販売を制限しようかとも考えています」とうれしい悲鳴も。
 滋賀県出身でいまは由良町が大好きだと公言する中西代表は「商品にできないような農産物でも味は同じ。アイスとソフトは、来年もっと増産します。クッキーなど別の加工品も開発していければ」と、地域資源の有効活用に意欲的。また、温州ミカンや変わり種でワカメのソフトクリーム開発などのアイデアも膨らませている。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る