やる気ある創業者求む

 日高郡6町が昨年秋から共同で推進している「創業支援事業計画」に基づく特定創業支援事業で、各町では少しずつ事業認定を受けて創業する人が出てきている。
 この特定創業支援事業は、認定を受けるとどんな支援があるのかというと、株式設立時の登録免許税が半額になったり、金融機関からの借入限度額が1000万円から1500万円に拡大される。しかし借入限度額が増えても、当然返還しなければならない金。はっきり言ってしまえば、金銭的にそれほど助けになるとは思えない。どうせなら創業者に1000万円をど~んと補助するとか、期限付きで各種税金を全て免除するとか、インパクトのあるような支援をする方が、創業者を増やすことにつながるのではないかと思う。
 ただ、これだと一過性の施策で終わってしまう恐れがある。いわゆる補助金目当ての創業者がいて、その事業がまともに長続きしないケースが出てくるかもしれないからである。失敗を恐れていてはチャンスが広がらないし、補助金の数を打てば成功する創業者もいるだろうが、自治体の財政状況が厳しい中、ばらまきのような施策ができないのは仕方のない話でもある。
 そういった意味で、この特定創業支援事業が期待するところは、創業者のやる気や熱意、総意工夫である。金銭的な優遇措置はあまりないが、身銭を切って事業を起こし、本気でやっていこうという人は、事業に対する真剣度合いも違うだろうし、それが成功、ひいては地域の活性化につながっていくのではないだろうか。地方経済を取り巻く環境はまだまだ厳しいが、やる気のある創業者がどんどん出てくることを望む。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る