ラップバトル LEONが本大会出場へ

 日本最高峰のフリースタイルラップバトルUMB(ULTIMATE MC BATTLE)和歌山予選が御坊市島のライブハウス「生音恋意帰屋」で開かれ、島のラッパー「LEON(レオン)」こと山本玲音さん(19)=専門学生=が優勝。12月30日に東京で開かれる本大会出場権を獲得した。
 ラップバトルはマイクを手に1対1で向かい合い、リズムに合わせてディスり(けなすこと)合う。相手の言葉に対して即興で返し、韻を踏んでいることや的確さ、オーディエンス(観客)の盛り上がりなどを審査員が判断して勝敗をつける。UMBは最高峰の大会として2005年からスタート。各都道府県予選を勝ち抜いた選手のみ出場できる。和歌山では6年ほど前から予選が行われている。
 ことしの予選には中学生から30代まで約50人が参加。日高地方が約半数で、大阪などからの参加者もあった。試合はトーナメントで行われ、レオンさんは全5試合を勝利。決勝では大阪で有名なラッパー「西」を倒し、見事初出場で優勝を手にした。本大会では各地域の代表約30人が出場。3000人のオーディエンスの前でバトルを披露する。大会に向け「有名なラッパーがたくさん出てくると思いますが、緊張せず優勝を目指したい」と話している。また兄の山本頼武さん(24)=東京在住=は昨年西東京代表として出場しており、ことし11月にある西東京予選を勝ち抜けば兄弟そろっての出場となる。
 父勝也さんがライブハウス「生音恋意帰屋」を経営していることもあって小さいころからラップに親しみ、自身も中学校2年生のころから始めた。高校時代には高校生最強ラッパーを決める高校生RAP選手権全国大会に2回出場。現在は大阪で医療系の専門学校に通うかたわらラップ活動も本格的に行っており、週に1、2回難波のクラブやライブハウスでステージに立つほか、自作曲を音楽配信サービスiTunes storeで配信し、ヒップホップの週間ランキングで14位に入ったことも。ソロだけでなく御坊市や和歌山市内などの仲間と立ち上げたチーム「MAD STEEZ」でも活躍している。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ大っきい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る