受動・三次喫煙に注意

 タバコが吸えるスペースが減っていき、何かと煙たがられる喫煙者だが、もっと肩身が狭くなるかもしれないという。タバコから出る煙を吸う「受動喫煙」に続き、近ごろ「三次喫煙」による健康への悪影響が懸念されている、というニュースを見た。タバコの煙は服、髪の毛、壁、家具等に触れると成分がくっついて残り、その残留物が空気中の物質と反応して、発がん性をはじめとした有害物質に変わる可能性があるそう。それを吸い込むのが三次喫煙で、アメリカの医学誌に概念を紹介した論文が掲載されたのがきっかけで知られるようになり、日本でも徐々に注目されているという。
 先日、御坊労働基準監督署と県労働基準協会日高有田支部の全国安全週間(7月1~7日)に関する説明会があり、ここでは県立医科大学保健看護学部教授で労働衛生コンサルタントの森岡郁晴さんが「職場における受動喫煙の防止」をテーマに講演。喫煙者本人への健康被害や受動喫煙について語り、興味深く聞いた。受動喫煙による肺がんと虚血性心疾患の死亡者数は年間約6800人と推計されており、そのうち職場での受動喫煙が原因とみられるのは約3600人。交通事故による死者数に近い数字という。
 他人のタバコの煙を吸わされることで健康に悪影響が生じるのは大きな問題。筆者もタバコを吸うが、わがままながら、臭いも他人の煙も嫌いだ。昨年の6月1日から職場の受動喫煙防止対策が事業者の努力義務になっている。うちの会社は屋内全面禁煙。皆さんの職場はどうだろう。受動喫煙、三次喫煙で職場の仲間ら大切な人の健康を脅かさないよう気をつけなければならない。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ゾウエンはおまかせくださ~い

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る