受動・三次喫煙に注意

 タバコが吸えるスペースが減っていき、何かと煙たがられる喫煙者だが、もっと肩身が狭くなるかもしれないという。タバコから出る煙を吸う「受動喫煙」に続き、近ごろ「三次喫煙」による健康への悪影響が懸念されている、というニュースを見た。タバコの煙は服、髪の毛、壁、家具等に触れると成分がくっついて残り、その残留物が空気中の物質と反応して、発がん性をはじめとした有害物質に変わる可能性があるそう。それを吸い込むのが三次喫煙で、アメリカの医学誌に概念を紹介した論文が掲載されたのがきっかけで知られるようになり、日本でも徐々に注目されているという。
 先日、御坊労働基準監督署と県労働基準協会日高有田支部の全国安全週間(7月1~7日)に関する説明会があり、ここでは県立医科大学保健看護学部教授で労働衛生コンサルタントの森岡郁晴さんが「職場における受動喫煙の防止」をテーマに講演。喫煙者本人への健康被害や受動喫煙について語り、興味深く聞いた。受動喫煙による肺がんと虚血性心疾患の死亡者数は年間約6800人と推計されており、そのうち職場での受動喫煙が原因とみられるのは約3600人。交通事故による死者数に近い数字という。
 他人のタバコの煙を吸わされることで健康に悪影響が生じるのは大きな問題。筆者もタバコを吸うが、わがままながら、臭いも他人の煙も嫌いだ。昨年の6月1日から職場の受動喫煙防止対策が事業者の努力義務になっている。うちの会社は屋内全面禁煙。皆さんの職場はどうだろう。受動喫煙、三次喫煙で職場の仲間ら大切な人の健康を脅かさないよう気をつけなければならない。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る