全国認知症サミット開催へ

 認知症支援では全国でも先進的な御坊市は、介護が必要な人や高齢者に優しいまちづくりを一層進めようと、認知症介護研究研修東京センター研究部長の永田久美子さんを総合プロデューサーに、全国のモデルとなる支援体制構築へ向けた取り組みをスタートする。まずは市民に認知症を正しく理解してもらうよう、住民参加型のミーティング、全国認知症サミットin御坊の開催などを具体化していく。
 会期中の6月議会に提出している一般会計補正予算に「認知症地域支援体制構築の課題解決に向けた調査研究委託費」として1000万円を計上している。
 昨年1月、国で策定された認知症施策推進総合事業(新オレンジプラン)に基づき、認知症の人を含む高齢者に優しい地域づくりを推進しようと企画。認知症研究の第一線で活躍する永田さんと、同センターの外郭団体で認知症地域支援人材・チームづくりプロジェクトを手がけるNPO法人地域生活サポートセンターに業務を委託する。同センター職員が御坊を頻繁に訪れ、市介護福祉課と協働で認知症の人、家族、事業所、住民の発想や価値観を取り入れて新しい支援体制を構築して、御坊発の全国的にも先進的なモデルとなるように取り組んでいく。
 具体的なことは今後検討していくが、広く住民の意見を聞く場として住民主体のアクションミーティングの開催、市役所庁内関係各課との横断的な連携体制の仕組み作り、日本認知症ワーキンググループとのジョイントによる認知症の人の生の声を聞く「認知症サミットin御坊」の開催などを描いている。住民に認知症や高齢者支援への意識を高めてもらうことで、どのようなサポートが必要かを住民目線で考え、オリジナルの見守りネットワークを構築する取り組みとなる。介護福祉課の田中孝典課長は「さまざまな分野との連携、協働で地元にフィットした取り組みを作ることで、認知症になってもならなくても、誰にでも優しく安心して暮らし続けられるまちの実現に向けて、市民とともに新しいうねりを御坊から起こしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る