由良ニンニク復活へ栽培促進

 JA紀州ニンニク部会(御影常夫部会長、会員38人)は、かつて由良町の特産として日本一の生産量を誇っていたニンニク栽培の〝復活〟を目指して取り組んでいる。近年、食の安全や健康ブームで国内産が見直され、単価が上昇していることを受けて、地場産業の振興や農家の収入アップを図るのが目的。現在、栽培面積は全盛期の7分の1となる3㌶にまで激減しているが、当面は10㌶に拡大する目標を掲げている。
 同部会によると、同町でのニンニク栽培は、当時主力産品の夏ミカンで収入を得られない5月に収穫できる農作物として昭和43年から本格的に始まった。かつては「由良に入るとニンニクの臭いがする」と言われるほどで、ピーク時には栽培面積20㌶で年間出荷量200㌧があったが、安い中国産に押され、温州ミカンへの改植が進むなどで、現在は3㌶約20㌧にまで減少した。
 近年、中国産の農作物の農薬問題や食品表示の偽装などで安心、安全な国内産が再び注目を集め、「餃子の王将」も国内産のニンニクにシフトしたことなどから、全国的な消費量が増加。安い時は価格が1㌔当たり400円だったが、いまは950円に跳ね上がっている。同部会ではこれに目を付け、ニンニク栽培を推進。まずは地元住民にニンニクを知ってもらえるようPR活動を行い、地元での消費喚起も図る。すでに去る22日、由良町中央公民館で開かれた野菜ソムリエ食育教室の場では、御影部長と白井伸和営農指導員がニンニク栽培の説明も行った。さらにニンニクは他の作物に比べて栽培しやすいが、今後、収穫時の省力化へ向けた研究も行う。同部会では、毎年9月の植え付けに向けて8月に栽培講習会、翌年3月に現地検討会、4月に出荷目ぞろえ会、6月に出荷反省会も開いている。
 同町産のニンニクは乾燥ではなく生で出荷しており、香りがよいのが特徴。御影部長は「全国で出荷時期が一番早いので、それだけ単価も高い。由良のニンニクをもう一度見直してほしい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る