みなべ町でJAが梅の加工法をPR

 みなべ町とJA紀州は北海道で特産の梅をPRした。卸売市場や小学校など3カ所を訪ね、約100人に梅ジュースや梅干しなど加工方法を実演しながら説明。「梅干しはどれぐらいの期間干すと良いのか」などという質問が相次ぎ、関心の高さをうかがわせた。町うめ課では「梅の加工方法を知ってもらい、消費の拡大につなげていきたい」と話している。
 町やJAでは以前から梅の加工方法を広く知ってもらおうと、全国各地で講習会を開催。今回は梅干しの消費量が多いといわれる北海道を訪ねた。
 丸果旭川青果㈱、札幌市卸売市場、札幌市立石山南小学校の3カ所でPR。講師はJA梅愛隊の林弘子さん(東本庄)で、卸売市場では梅シロップ、梅酒、梅ジャム、梅干しの加工方法を実演を交えて説明。梅ご飯や梅の調理レシピも説明した。参加者からは「梅ジュースをつくる時に冷凍梅の方が果汁が早く出ると初めて知った。家でも一度試してみたい」などの感想が聞かれたほか、「塩漬けした梅を取り出して天日に干す期間はどれぐらいがいいのか」など熱心に質問する人も。林さんは「おかずをつくる際に梅干しを調味料としても使っていただければ、クエン酸も豊富に取ることができます」とアドバイスした。石山南小学校では2年生42人が参加。梅の機能性について「疲れをとる効果があります」などと分かりやすく説明。3月に発刊した食育本「梅パワーのひみつ」も紹介した。梅ジュースづくりを体験してもらい、楽しみながら作業を行った。子どもたちは「『梅パワーのひみつ』の本を読んでみたい。梅ジュースができるのが待ち遠しい」と喜んでいた。林さんは「若い世代の梅干し離れが指摘されているが、子ども連れの若いお母さんたちが大勢参加してくれました。梅ジャムは作り方も簡単で、興味を持ってくれたようです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る