水分補給に経口補水液

 先日、胃腸炎にかかった。熱や痛みなどはなかったが、食事をとると腹部に違和感を感じ、吐き気もあった。何も食べなければ普段と変わらないため、しばらく食事を断っていた。ただ脱水状態になると頭痛になりやすいので、水分だけは小まめにとったのだが、そんなときに役に立ったのが経口補水液だ。
 テレビCMなどでよく流れているため知っている人も多いと思うが、ナトリウムなどの電解質と糖分などがバランスよく配合された飲み物で、素早く体に吸収されるのが特徴。いくつかのメーカーから同様の商品が販売されており、ゼリータイプなどもある。
 経口補水液は熱中症対策にも役立つ。総務省消防庁の発表によると、13日から1週間で熱中症で救急搬送された人は全国で1069人で、死亡した人も出ている。真夏の猛暑日はもちろんだが、熱中症は、体が暑さに慣れておらず、湿度で体温をうまく調節できない梅雨時期にも起こりやすい。やはり小まめな水分補給が必要だ。
 とはいってもドラッグストアで販売されている経口補水液は一般的な飲料に比べ、値段が2倍ほどするため、水代わりに頻繁に購入するのは気が引ける。調べてみると簡単な材料で自分でも作ることができるとのこと。レシピは水1㍑と塩3㌘、砂糖40㌘を混ぜるだけ。何とも言えない微妙な味だが、味を付けるため他の物を混ぜると比率が変わって吸収が悪くなるので要注意。また味の感じ方で体の状態が分かると言われており、塩辛ければ平常、甘かったり味を感じない場合は体液が足りないという。
 予想では今夏はかなりの猛暑。自家製経口補水液で熱中症対策し、暑い夏を乗り切ろう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る