人の目が人を鍛える

 「この仕事を長くやっていると、人の言動にいちいち裏を深読みする癖がついてね。何事も素直に受け入れられなくなって、ときどき自分が嫌になるよ」。20年以上前、大手メディアの先輩が自嘲気味に笑って話してくれたことがある。当時はそれは性格の問題では、と深く考えもしなかったが、なるほど、経験を重ねるにつれ言葉の意味がよくしみる。
 言葉の裏を読むのは、悪くいえば「猜疑」や「不信」でネガティブな心の働きで、人聞きもよくない。しかし、政治家や地域、団体のリーダーとの付き合いも多い記者にとっては、その人たちに利用されないためにも必要不可欠な習性である。
 次は誰かの都知事選。居酒屋チェーンの社長は、「私は絶対に税金で贅沢はしない」と欲のなさを自らSNSでアピールしているが、実際に親交のある従業員や友人、面識ある記者はこれをどう感じているのか。この言葉に裏はあるのか。「清廉潔白=政治家としての資質」という発想がどうなのか。
 まちが大きいほど、選挙の候補者と有権者の距離は遠くなり、ほとんどの人は候補者の実際の人となりを知らない。顔や年齢、経歴、新聞に載っている公約を読んで自分の価値観に照らす。18歳の高校生にも向け、記者の人を見る目はますます重要となる。
 功成り名を遂げた立志伝中の人物に憧れ、自分もそうありたいと考えるのは大事なことではあるが、リーダーとしての求心力や統率力は、人前でのスピーチや上から下への訓示だけでは身につかない。
 日ごろから現場に立ち、目の前の問題に向き合い、まちのため、会社のためにどれだけ汗を流しているか。己の欲望と体裁ばかりに気をとられ、身近な人の目にも気づかない人物にトップの資格はない。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る