人の目が人を鍛える

 「この仕事を長くやっていると、人の言動にいちいち裏を深読みする癖がついてね。何事も素直に受け入れられなくなって、ときどき自分が嫌になるよ」。20年以上前、大手メディアの先輩が自嘲気味に笑って話してくれたことがある。当時はそれは性格の問題では、と深く考えもしなかったが、なるほど、経験を重ねるにつれ言葉の意味がよくしみる。
 言葉の裏を読むのは、悪くいえば「猜疑」や「不信」でネガティブな心の働きで、人聞きもよくない。しかし、政治家や地域、団体のリーダーとの付き合いも多い記者にとっては、その人たちに利用されないためにも必要不可欠な習性である。
 次は誰かの都知事選。居酒屋チェーンの社長は、「私は絶対に税金で贅沢はしない」と欲のなさを自らSNSでアピールしているが、実際に親交のある従業員や友人、面識ある記者はこれをどう感じているのか。この言葉に裏はあるのか。「清廉潔白=政治家としての資質」という発想がどうなのか。
 まちが大きいほど、選挙の候補者と有権者の距離は遠くなり、ほとんどの人は候補者の実際の人となりを知らない。顔や年齢、経歴、新聞に載っている公約を読んで自分の価値観に照らす。18歳の高校生にも向け、記者の人を見る目はますます重要となる。
 功成り名を遂げた立志伝中の人物に憧れ、自分もそうありたいと考えるのは大事なことではあるが、リーダーとしての求心力や統率力は、人前でのスピーチや上から下への訓示だけでは身につかない。
 日ごろから現場に立ち、目の前の問題に向き合い、まちのため、会社のためにどれだけ汗を流しているか。己の欲望と体裁ばかりに気をとられ、身近な人の目にも気づかない人物にトップの資格はない。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る