みなべの面谷トンネルが貫通

 みなべ町清川と田辺市芳養地内にまたがる県道芳養清川線で建設している面谷(おもだに)トンネルが16日に貫通し、現地で貫通を祝う会が開かれた。地元住民や工事関係者ら約60人が出席。工事の節目を通り初めなどで祝い、あいにくの雨の中も、新しいトンネルでみなべ町と田辺市がつながったことを喜んだ。
 場所は清川地内の大川集会所近くから田辺方面へ約500㍍の地点。現状のトンネル(延長356㍍)は昭和28年に建設されたが、幅員が3・3㍍と狭く交通のネックとなっている。建設中のトンネルは延長653㍍、幅員6・5㍍の2車線となる。掘削工事は淺川組(和歌山市)・尾花組(田辺市)の特定工事共同企業体が施工。昨年9月から、発破などを行うナトム工法で北側のみなべ町から南側の田辺市へ向けて掘り進めていた。
 祝う会では、参加者が見守る中、重機で最終の掘削を行いトンネルが貫通した。このあと塩、米、酒で清められ、参加者全員がジュースなどで乾杯。通り初めは強い雨の中となったが、傘をさした住民らが次々とトンネルを田辺市側へ通り抜け、外へ出ると「抜けた」などと喜んでいた。最後に㈱淺川組の津名成郎部長が「工事期間中はご迷惑をおかけしていますが、無事に貫通することができました。これからも無事に進められるように頑張っていきたい」と謝辞を述べた。
 今後はトンネル内部の壁面の施工などに移る。供用開始は29年度中の見込み。清川区長会の山本安雄会長(70)は「新しいトンネルができると、車の対向がスムーズになる。一日も早く通れるようになってほしい」と話していた。この日の午前中には、清川小学校児童が貫通前のトンネルを見学した。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る