御坊中学校 子育て支援に教室開放

 御坊市の御坊中学校(和佐公生校長)は昨年度から、空き教室を乳幼児と母親のための子育て支援サークルの場として開放している。場所を提供し地域に貢献しているだけでなく、昼休みに生徒が子どもたちと交流することで優しさが芽生え、授業態度も良くなるなどの相乗成果も出てきているという。
 サークルは、毎月1回開いており、「バース・ハウスなかにし助産院」の中西理予さんによる子育て相談を実施。毎回、数カ月から3歳ぐらいの子どもを連れた母親ら10組程度が参加。子どもたちの遊び場のほか、母親同士の情報交換の場にもなっている。
 昼休みには15分程度、生徒たちも自由参加でサークルの教室を訪れ、親子と交流。女子生徒だけでなく、男子生徒も積極的に参加している。生徒たちは小さい子どもを抱っこさせてもらうほか、3歳ぐらいの子とはボールを投げ合ったり、人形を使って遊んだり、かわいい子どもたちの仕草に生徒たちも笑顔がこぼれ、教室には笑い声が響いている。また、母親とも積極的に交流し、子どもの成長や子育てについて学ぶ貴重な時間となっている。
 6日に教室を訪れていた3年生の酒井音午さんは、「小さい子と接する機会はあまりないですが、自分にないいろんな発想を持っているので面白いです。何よりかわいくて癒やされて、午後の授業も頑張れそうです」と笑顔。同校では「子育てについて学ぶだけでなく、遊びの中で生徒たちに子どもたちを気遣う優しさが芽生えてきているようです。授業も落ち着いた態度で受けるようになったと感じます」と話し、取り組みの成果を実感している。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る