おんぱくが育てた「人づくり」

 御坊日高の魅力を県内外に発信する地域活性化イベント、御坊日高博覧会、通称おんぱくは、ことしは7月31日に開幕する。若者を中心にさまざまな職種の有志が集まって、「何か楽しいことをしよう」と昨年初めて開催し、大成功した。身近にあるもの、自分の得意なことなど、いまある資源を生かした体験プログラムはどれも新鮮で、地元にも磨けば光るものがたくさんあるのだと再認識した人も多かったろう。ことしのプログラムは近々発表されるが、昨年よりも増えており、質、量ともにボリュームアップしているだろうといまから楽しみである。
 先日、おんぱくをPRしようと、プロモーションビデオの撮影が行われた。九州新幹線の開通CMをイメージし、紀州鉄道の沿線にエキストラに集まってもらい、笑顔で手を振っている姿を車窓からビデオに収めた。実行委員会としてPVを制作したわけではない。ことしのおんぱくでプログラムを提供するパートナーの女性2人が発案し、自主的に企画して、エキストラの募集、撮影とすべて段取りしてやったことには感心させられた。11日に行われた撮影本番では、多くのエキストラが参加したことも、おんぱくという言葉が地域に浸透している証であろう。
 PV企画の女性2人のように住民が主役になることがおんぱくの魅力。そしてまちを元気にしたい、人を喜ばせたいと思う人が育っていることこそが、おんぱくの成果である。誰かにやらされるのではなく、やりたいからする。行政に頼る地域おこしとの決定的な差である。実行委員会メンバーの熱い思いは着実に広まっている。地域づくりは、人づくりからであることを、再認識させてもらった。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る