筋肉の健康維持は適度に使うこと

 先日の「足育」セミナーで、現代人は足の指や足裏の筋肉を使わないことから退化し、偏平足が増えていると聴いたが、筋肉を使わないと如何に急速に退化するか目の当たりにしてしまった
◆83歳の母は脳梗塞の後遺症で左手足が動かず、外出には車椅子が必要。わずかな距離なら右手と右足と杖で歩けるし、立ち座りも自分でできるが、このところ膝や肩を捻挫し、デイサービスも休んでいた。座ったきりの生活が続いたので、ある日、外の空気を吸ってもらおうと車椅子でその辺を少し回ってから家に入った。車椅子から縁側に移り、足を投げ出してペタンと座った姿勢から、立ち上がって椅子へ座り直してもらおうとした。ところが、なんと足腰が立たなくなっていた
◆いつもは右手と右足と腰の筋肉を駆使して自力で立ち上がり、とりあえず椅子に腰掛ける。そして杖をつきベッドまで歩く。椅子に座れなければ移動もできず、ポータブルトイレも使えない。母は身長150㌢もないのに体重は約60㌔。弱った足の筋肉が体重を支えきれないようだ。両脇を抱え上げようと大分頑張ったが、大地に根を生やしたようで、非力な筆者の腕力ではビクともしない。こっちの両肩が抜けそうになる。1時間以上も試行錯誤を繰り返した挙句かかりつけの医師に電話で相談。日曜日だったがすぐに駆けつけ、抱え上げてくれて事なきを得た
◆その後デイサービスを再開、右半身で体操など行っているおかげか立ち座りは元通りできるようになった。休養は大事だが、使わず錆びつかせては元も子もない。適度に使うことが一番とあらためて実感。更に自分の体力のなさも実感し、それこそ鍛えなければいざという時何の役にも立たないと思い知った一日であった。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る