頑張れ! ササユリ復活

 日高町語り部の会が提唱して進めている原谷地内熊野古道沿いでのササユリ復活プロジェクトは、ことし4月ごろから出始めたササユリの新芽がシカの食害で大打撃を受けたのは既報の通り。多くのボランティアや子どもたちが球根の植栽に協力し、今月中の開花を心待ちにしていただけに、関係者も大きなショックを受けている。
 獣害と言えば、農業でもイノシシ、シカ、サルなどの食害が問題となっており、おりを仕掛けたり、田畑を電気柵で囲ったり、猟友会に依頼して駆除してもらったりとさまざまな対策を行っている。最新の対策では、リアルタイムで映像を見て、おりに獣が入った瞬間に扉を閉めるといった方法もある。この農業分野での獣害は長年続く問題だが、いまだ被害がゼロというわけにはいかず、獣と人との〝イタチごっこ〟になっている。
 言い方に配慮が足りないかもしれないが、そんな難しい獣害対策だから、1年目のササユリプロジェクトでの対策がうまくいかなかったのは、仕方のないこと。今回、ワイヤーメッシュをかぶせて獣害の侵入を防ぐ方法では甘かったわけで、それが分かっただけでも大きな収穫。当初からササユリの復活は5年をめどに行っていくという計画だったので、ここはじっくり次回の対策を考えていけばいいと思う。その中でやはり猟友会など専門家の意見も参考にすべきだろう。
 失敗は成功のもと。これをきっかけにより一層、多くの人がササユリの復活に関心を持ち、協力してくれることに期待。12日にはささやかながら予定通り現地でササユリ祭りも催すので、一層の機運盛り上げの機会になればと願う。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る