頑張れ! ササユリ復活

 日高町語り部の会が提唱して進めている原谷地内熊野古道沿いでのササユリ復活プロジェクトは、ことし4月ごろから出始めたササユリの新芽がシカの食害で大打撃を受けたのは既報の通り。多くのボランティアや子どもたちが球根の植栽に協力し、今月中の開花を心待ちにしていただけに、関係者も大きなショックを受けている。
 獣害と言えば、農業でもイノシシ、シカ、サルなどの食害が問題となっており、おりを仕掛けたり、田畑を電気柵で囲ったり、猟友会に依頼して駆除してもらったりとさまざまな対策を行っている。最新の対策では、リアルタイムで映像を見て、おりに獣が入った瞬間に扉を閉めるといった方法もある。この農業分野での獣害は長年続く問題だが、いまだ被害がゼロというわけにはいかず、獣と人との〝イタチごっこ〟になっている。
 言い方に配慮が足りないかもしれないが、そんな難しい獣害対策だから、1年目のササユリプロジェクトでの対策がうまくいかなかったのは、仕方のないこと。今回、ワイヤーメッシュをかぶせて獣害の侵入を防ぐ方法では甘かったわけで、それが分かっただけでも大きな収穫。当初からササユリの復活は5年をめどに行っていくという計画だったので、ここはじっくり次回の対策を考えていけばいいと思う。その中でやはり猟友会など専門家の意見も参考にすべきだろう。
 失敗は成功のもと。これをきっかけにより一層、多くの人がササユリの復活に関心を持ち、協力してくれることに期待。12日にはささやかながら予定通り現地でササユリ祭りも催すので、一層の機運盛り上げの機会になればと願う。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る