特定不妊治療費 由良町が全額助成へ

 由良町は6日、6月議会定例会(9日開会)に提出する一般会計補正予算案を発表した。ことし4月の町長選で当選した畑中雅央町長3期目最初の本予算編成で、2億9700万円を追加。雇用創出、観光振興、災害対応など各種施策の中で、妊娠・出産の支援では県内で初めて、「特定不妊治療費」の全額助成制度を盛り込んでおり、不妊に悩む夫婦に朗報となりそうだ。
 不妊治療は医療機関で体内受精を行う「一般不妊治療」と体外受精を行う「特定不妊治療」の2種類があり、特定不妊治療は保険の適用がないため医療費が高額となり、不妊に悩む新婚世帯などの大きな経済的負担となることから、近年、人口減の要因の一つにもなっている。県と国は特定不妊治療に対してこれまで各7万5000円の計15万円を助成していたが、新年度から特定不妊治療の初回に対して各15万円の計30万円を助成するよう引き上げ。2回目以降は県が17万5000円、国が7万5000円の計25万円を交付する。一般的に特定不妊治療は1回につき50万円程度の医療費がかかるとされており、県と国の助成額以外に由良町が初回は20万円、2回目以降が25万円を助成することで、実質的に個人負担がゼロとなる。
 今回、県と国の助成額引き上げに伴い、県内の自治体では、独自に助成制度の創設や引き上げを行っているが、自治体の助成額は最高でも美浜町などの10万円まで。由良町はこれまで助成がゼロだったが、最も手厚い支援策を実施する。予算は250万円で、新年度は10人程度の助成を見込んでいる。予算が議会で承認されれば、要項を作成して募集。対象は42歳まで。助成制度は次年度以降も継続する。
 同町では、すでに新年度当初予算で、一般不妊治療の助成を年間3万円から10万円(実質的に全額助成)に引き上げも行っている。このほか、補正予算ではこれまでゼロだった妊産婦医療費の全額助成費で122万円を計上。新婚世帯への支援策では、「あなたの新居すいせんプロジェクト」として200万円。町内に在住、移住する新婚世帯を対象に、賃貸住宅の家賃を月額最大で2万5000円補助。新年度は10組程度を見込んでいる。事業期間は5年間。結婚サポーター養成や出会いイベントなども企画していく。これらの施策は、いずれも総合戦略に基づく「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」という取り組みの一環で、人口減少対策につながると期待されている。
 補正予算では新規事業で▽海の日イベント開催(150万円)▽空き家等対策計画策定事業(300万円)▽わかやまシニアのちから活用推進事業(200万円)▽ヘリポート整備工事(4000万円)▽防災監視カメラ設置(350万円)▽防犯カメラ設置(105万円)――などもある。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る